ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】品質検査、接着・溶接作業の自動化

最終更新日: 2019/04/11

  • カタログ

協働ロボットを活用して生産プロセスを最適化!従業員を反復的タスクから解放しました

Boco Boddecker は自動車向けクロージャ、ロック、ラッチシステムを
専門に生産しています。これらのプラスチックや金属の部品は、さまざまな
製造業者から提供され、自動車のドアや座席を固定するために使用されます。

問題は、反復作業を特定し、自動化が可能か見きわめて、効率を高めることが
できるかどうかでした。

そこで同社は、競争力を維持し、柔軟性を高めるために、UR ロボットを
活用したソリューションによる生産ラインの部分的な自動化を決断。

ロボットは2010年に導入され、自動車業界で要求される水準を満たす製品の
ラベリング、品質管理に活用されています。

【自動化の課題を克服】
■従業員を反復的タスクから解放
■生産の稼働精度を上げる
■顧客へ送られる不良パーツの可能性を低減する

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■協働的で安全
■セットアップが早い
■迅速な資本回収

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■ラベル貼付
■品質管理

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】品質検査、接着・溶接作業の自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ