ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】マシンテンディング、射出成形の自動化

最終更新日: 2019/04/11

  • カタログ

ユーザーフレンドリーなロボットの導入事例。労働災害のリスクを軽減しました。

従業員の反復運動性損傷(RSI)の危険性を低減させるため、英国の
クリートメーカーであるCLAMCLEATS LTD はロボットソリューションを
導入して手動のクリッピング作業を撤廃しました。

ロボットは、非常に効率的な作業者であることが判明し、その結果、
人間の作業者が一度に 3 つのタスクを処理できるようになりました。

今後、同社はさらなる自動化を進める予定です。

【自動化の課題を克服】
■従業員の反復運動性損傷(RSI)の危険性を低減させるため
■Clamcleats Ltdは手動のクリッピングを置き換える
 ロボットソリューションに投資した
■投資回収期間:7~10か月

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■プログラミングが容易
■セットアップが早い
■柔軟性のある導入
■協働的で安全
■迅速な資本回収

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■射出成形
■マシンテンディング

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】マシンテンディング、射出成形の自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ