ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】キッチンシンクへの部品接着作業の自動化

最終更新日: 2019/04/15

  • カタログ

従業員の仕事に対する満足度を高めながら、協働ロボットを活用して生産性を向上。

Franke は年間 1 万台を超えるキッチンシンクを生産しています。アルミの
シンクユニットをプレス加工した後、取り付けブロックを側面に接着します。

繰り返し作業を自動化できれば、接着剤を節約し、取り付けブロックを
接着する際の人為的なミスを減らせると考えましたが、
問題は、接着剤を塗布し、側面に取り付けブロックを
接着できるソリューションはどれかということでした。

そこで同社はUR5 ロボットを選択。UR5 ソリューションは、予想をはるかに
上回るパフォーマンスにより、年間1万台の生産量を支えています。

【自動化の課題を克服】
■ストレスの高い反復作業から従業員を解放して、生産ラインの運用効率を
 向上させる
■材料の無駄を削減

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■プログラミングが容易
■協働的で安全
■セットアップが早い
■迅速な資本回収

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■接着
■組み立て

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】キッチンシンクへの部品接着作業の自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ