ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】CNCへワークの投入、取出し工程の自動化

最終更新日: 2019/04/15

  • カタログ

単調なタスクから作業員を解放!柔軟性にあふれたソリューションをご紹介。

ドイツのFries Maschinenbauには、2つの目標がありました。

競争の激しいサプライヤー市場で競合他社に打ち勝つことと、単純作業から
従業員を開放することです。

そこで同社は柔軟性にあふれ、どちらの目標も達成できるソリューション
UR10を選択。

導入により生産が増加し、従業員は現在、品質管理により多くの労力を
割くことができています。

【自動化の課題を克服】
■CNC マシンのロードはこれまで、ユニットの数量により 25~45 秒の
 短い周期で手作業で行われていた
■ユニバーサルロボットが大幅に生産性を高めながら、プロセスを合理化した

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■プログラミングが容易
■柔軟性のある導入
■迅速な資本回収

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■CNC
■マシンテンディング

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】CNCへワークの投入、取出し工程の自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ