ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】ガラスの焼き戻しプロセス

最終更新日: 2019/04/15

  • カタログ

投資回収期間は6~12か月!ガラスメーカーに高い競争力を提供しました。

Gern Glasは、北欧でも最大級の家具・キッチン・建物・太陽光発電用の
平面ガラス、鏡のサプライヤーです。

競争力のあるメーカーとしての地位を維持するため、ロボット技術を
生産ラインに導入しました。

その結果、高温を使用するガラスの焼き戻しプロセスが最適化され、
従業員は複数の単純作業から解放されました。

【自動化の課題を克服】
■単調なタスクから従業員を解放
■高温を使用した焼き戻し過程でスペースを最大限に活用し、コンベヤ上の
 余った空きスペースにより小さなガラス片を配置していくという作業で
 効率を高めた
■投資回収期間:6~12か月

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■プログラミングが容易
■セットアップが早い
■柔軟性のある導入
■協働的で安全

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■ピック・アンド・プレイス

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】ガラスの焼き戻しプロセス

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ