株式会社ウッドプラスチックテクノロジー

最新ニュース

注目製品情報

  • ウッドプラスチック製敷板 『Wボード』 製品画像
    ウッドプラスチック製敷板 『Wボード』
    ウッドプラスチック製敷板 Wボードは、敷鉄板とゴムマットの中間商品です。 39kgと軽量の為、少人数・短時間で設営でき輸送費を大幅削減。また、クレーン作業不要により安全且つ労災防止にもなります。 敷鉄板に比べ輸送時、設営時の騒音を緩和することが可能。 ウッドプラスチックとは、プラスチック(ポリエチレン)に木質繊維を混合した複合材料。木質の繊維質を利用して樹脂を繊維強化した素材です。 製材副産物を使用することで低コストを実現。 さらに敷設に要する重機や運搬時の燃料削減により、二酸化炭素排出量が86%削減可能で環境に優しい製品です。 【特徴】 ○国土交通省「NETIS」登録製品 ○敷鉄板とゴムマットの中間商品 ○39kgと軽量の為コスト低減 ○輸送時、設営時の騒音を緩和 ○再生可能な木材資源を有効活用 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
  • 軽量Wボード 製品画像
    軽量Wボード
    当製品は、4×8サイズ25kgの軽量タイプ工事用敷板Wボードです。 耐水性に優れ、水場での使用が可能。 敷鉄板やゴムマットより、軽くて運搬しやすいのが特長です。 また、電動ノコ、手引きノコでの切断、ドリルでの孔あけ等、加工ができます。 さらにオイル・ガソリン・化学物質におかされません。 【特長】 ■省力化 ■安全性 ■環境 ■騒音緩和 ■コストダウン ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 残コンクリート改良剤テラ 製品画像
    残コンクリート改良剤テラ
    ◆圧送作業処理後のコンクリートポンプ車に残ったコンクリートを砕石状態にする事で産業廃棄物を削減 ◆現場場外への運搬が不要になり産廃法及び過積載による道路交通法令違反が無くなる ◆砕石化した残コンクリートをRC 材として現場駐車場に散布または水たまり箇所の埋め立て利用可能 ◆ホッパー周り洗浄後の強アルカリ水の量を大幅に削減、現場環境が保全される ◆コンクリート輸送管内での閉塞時の解除困難な場合に使用する事でポンプ車内の生コンクリートの硬化を回避可能 ◆型枠などの破損による生コンクリート流出箇所にテラを散布する事で処理に人手をかける必要がなくなります 【特 徴】 ◆従来品の処理剤と比べて処理後の物質がベタベタしません。極めてサラサラになります。ベタつきが無いためレーキでの作業が楽になります。また、ホッパ-へのベトつきも少なく洗浄が容易です。更なる洗浄水の削減を実現します。 ◆従来品のように六価クロムの溶出を固化作用に頼るのではなく、無害化成分を配合しているため瞬時に六価クロムを無害化出来ます。  ◆テラは劇物を使用していません。

ページの先頭へ