株式会社テック・ヤスダ

小型工作機械用フレックスクランプ

最終更新日:2018-05-12 14:10:58.0

  • CAD
  • カタログ

小型工作機械に収まるコンパクト設計で広い口金開きを確保

・剛性を確保しつつ、小型工作機械に収まるコンパクト設計
・締め付け部分もコンパクト設計で広い口金開きを確保
・素早い段取りや締め付けができる位置決めピン方式
・ワーク浮き上がりゼロの口金(高精度口金ワークセッター)を締め付け側に標準装備
・細目台形ねじで手締めでも安心確実なクランプ
・小物ワークに最適な口金幅54mm。X軸方向に無駄なく多連配置ができ大物ワークから小物ワークの多数個加工もおこなえます
・中間ブロック使用でさらなる多数個加工を実現
・補助ベースに多連配置することで素早い段取り替えが実現できます
・多面マスブロックに多連配置することで長時間無人化運転ができます

※詳しくは資料をご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

小型工作機械用フレックスクランプ 製品画像
小型工作機械用フレックスクランプ 製品画像

関連動画

【ラインアップ】
◎TypeX2αm
・小型工作機械(リニア高速機など)に適合

・50020X2αm
・50025X2αm
・50030X2αm

※詳しくは資料をご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 フレックスクランプJUSシリーズ
用途/実績例 【用途】
■加工現場

※詳しくは資料をご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細情報

使用例

使用例

使用例
使用例

使用例

使用例
イメージ図

イメージ図

イメージ図
大物ワークイメージ

大物ワークイメージ

大物ワークイメージ
小物ワーク多数個イメージ

小物ワーク多数個イメージ

小物ワーク多数個イメージ
中間ブロック使用イメージ

中間ブロック使用イメージ

中間ブロック使用イメージ
補助ベースによる素早い段取り

補助ベースによる素早い段取り

補助ベースによる素早い段取り
多面マスブロックの使用例

多面マスブロックに多連配置で長時間無人化運転

多面マスブロックの使用例

関連ダウンロード

小型工作機械用フレックスクランプ

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

小型工作機械用フレックスクランプ

・剛性を確保しつつ、小型工作機械に収まるコンパクト設計
・締め付け部分もコンパクト設計で広い口金開きを確保
・素早い段取りや締め付けができる位置決めピン方式
・ワーク浮き上がりゼロの口金(高精度口金ワークセッター)を締め付け側に標準装備
・細目台形ねじで手締めでも安心確実なクランプ
・小物ワークに最適な口金幅54mm。X軸方向に無駄なく多連配置ができ大物ワークから小物ワークの多数個加工もおこなえます
・中間ブロック使用でさらなる多数個加工を実現
・補助ベースに多連配置することで素早い段取り替えが実現できます
・多面マスブロックに多連配置することで長時間無人化運転ができます

CAD図ダウンロード
型番 概要 CADダウンロード
50020X2αm 50020X2αm
50020X2αm 50020X2αm
DXF:469KB 2D
50025X2αm 50025X2αm
50025X2αm 50025X2αm
DXF:450KB 2D
50030X2αm 50030X2αm
50030X2αm 50030X2αm
中間ブロック20型50X40巾 中間ブロック20型50X40巾
中間ブロック20型50X40巾 中間ブロック20型50X40巾
DXF:320KB 2D
中間ブロック55-A型50X巾34 中間ブロック55-A型50X巾34
中間ブロック55-A型50X巾34 中間ブロック55-A型50X巾34
DXF:341KB 2D
中間ブロック55-A型50X巾30 中間ブロック55-A型50X巾30
中間ブロック55-A型50X巾30 中間ブロック55-A型50X巾30
DXF:352KB 2D

お問い合わせ

株式会社テック・ヤスダへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ