ビーエルテック株式会社

製品・サービス

製品・サービス一覧

連続流れ分析装置 (17)

当社が提案するオートアナライザーは、連続流れ分析(Continuous Flow Analysis:CFA)と呼ばれている原理を用いた自動化学分析装置です。特に環境分野で、環境水の水質分析装置として栄養塩、全窒素・全りん、シアン、ふっ素等の分析に利用され、JISにも収載されております。

詳しく見る
近赤外分析装置(NIR) (15)

堅牢性や便益さから、現在も国内外を問わず使用されているインフラライザーをご紹介。「SpectraStar-XT」をはじめ、「チョコレートアナライザー」などを取り扱っております。

詳しく見る
全自動酸分解等前処理装置及びバイアル (26)

金属類分析の酸分解等前処理における試薬の添加、撹拌、加熱、放冷、内部標準液添加、メスアップに至る全ての工程を自動で行う装置です。危険な試薬の添加による人への曝露、ヒューマンエラー、人件費等による膨大な分析コスト、コンタミによる分析値の信頼性の低下等を全て解決いたします。

詳しく見る
ディスクリートアナライザー (1)

ディスクリート(Discrete)は、化学分析自動化技法のうち「流れ分析」方式(オートアナライザー)が異なった試料の混合を同一流路(管)で行うのに対し、各試料毎に独立した容器で混合を行うことで試料間の汚染を防ぎ、多検体、多項目分析を可能にする化学分析の自動化技術です。

詳しく見る
その他 (3)

当社が扱うその他製品をご紹介しています。

詳しく見る

注目製品情報

  • 【※無料サンプル贈呈中!】 ポリプロピレン製バイアル 製品画像
    【※無料サンプル贈呈中!】 ポリプロピレン製バイアル
    【※無料サンプル贈呈中!】『ポリプロピレン製バイアル』は120℃まで加熱することができる、 「DEENA」や「スマートブロックII」の専用バイアルです。 50mLのポリプロピレン製バイアルは50mL、25mL、20mLの目盛でASTMクラスA (目盛の容量誤差±0.25mL以下)の証明書を付けて販売いたします。 その他全ての目盛もASTMクラスAと同等の精度です。 他社の製品であるデジチューブ(Digi TUBEs)とも互換性があり、 代替品として使用することによって、金属ブランクを低減し、 より高精度の分析を行うことができます。 【特長】 ■15mL 50mL 100mLの専用ポリプロピレン製 ■容量精度として、ASTM規格のクラスAを保証 ■120℃まで加熱OK ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 加熱酸分解前処理装置『スマートブロックII』 製品画像
    加熱酸分解前処理装置『スマートブロックII』
    『スマートブロックII』は、金属等分析における酸分解前処理において、 均一な温度で大量検体を効率よく分解できる装置です。 フード内は簡易のクリーンベンチとなるため、低ブランクで高精度の 分析環境を実現できます。特に亜鉛やアルミ、ナトリウム等のブランク 低減を実現することができます。 また、底面と側面との両方から加熱することにより、迅速に対象物質の 溶解や有機物の分解を行います。さらに全面からの加熱パットで加温する ことにより、ヒートブロックの温度ムラがほとんどありません。 【特長】 ■マニュアル温度制御盤による、シンプルで使い易い加熱ヒートブロック ■加熱部分は黒鉛にふっ素コーティングを施し、その他はPTFEを用いた  耐酸性に優れた設計 ■オプションの昇温プログラムを付けることにより、任意の分解温度の  メソッドを行うことが可能 ■専用のバイアルはASTM におけるクラスA を取得 ■分解からメスアップまでの作業をサンプルのメスフラスコへの  移し替えをせずに行うことができる ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 酸分解等の全自動前処理装置『DEENAシリーズ』 製品画像
    酸分解等の全自動前処理装置『DEENAシリーズ』
    『DEENAシリーズ』は、金属の酸分解前処理をはじめとする様々な 分野の分析を自動化することのできる装置です。 試薬の添加、撹拌混合、加温加熱、冷却放置、スパイクの添加から メスアップに至るまで、これまで人の手を介する必要のあった作業を、 正確、迅速、安全に全自動で行うことができます。 金属分析の前処理や試薬の混合、反応からメスアップまで 前処理を自動化することにより、これまで囚われていたルーチン作業 から解放します。 【特長】 ■危険な試薬による人への曝露を防ぐことができる ■全自動によるコストメリット ■ヒューマンエラーの排除 ■ブランクの低減 ■専用バイアルを用いることによるブランクの低減 ■希釈装置や試薬添加の分注器としての使用 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ