データライブ株式会社

Juniper製品の長期保守サービス(第三者保守)

UPDATE   最終更新日: 2021/10/21
Juniper製品のメーカー保守期限終了にとらわれない第三者保守の長期保守サービス

Juniper EOL延長保守サービス
EOL(保守終了)を迎えるJuniperスイッチ・ルーター製品の保守延長ができます。

ネットワーク製品のメーカー保守期限終了(EOL)延長保守サービス。EOL,EOSを迎えるルータ、スイッチ、VPN終端装置の長期利用を支え全国1500社、57,000台の実績。EOS本体の供給サービスも。

ネットワーク製品のメーカー保守終了EOL対策におすすめです
✓ Juniperの保守サービスが終了する。
✓ ネットワーク設備をEOL期日以上に利用したい。
✓ ネットワークの保守費を見直したい。
✓ 第三者保守で柔軟に保守を組立てたい。
✓ 交換本体の調達能力と品質が高い国内の第三者保守ベンダーを選びたい。
✓ 全国で利用実績が豊富な国内の第三者保守ベンダーを選びたい。

関連動画

基本情報

IT通信ネットワークの長期維持
各種ネットワーク機器すべてのEOL延長保守対応ができるため、ITネットワーク全体の保守対応ができます。保守コスト圧縮だけでなく、設備移転やゼロトラスト移行・ローカル5G移行期間中、計画的にレガシー機器で構成されるネットワークを長期維持でき、DXを推進できます。

コスト抑制
バックアップの有線ネットワークやバックオフィス系のネットワークなど、保守レベルや内容を見直し、シンプルにコスト削減を図ることができます。過去の修理実績から最適な保守レベルを選択をして、IT予算の組み替えやコスト圧縮など予算を再計画できます。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 国内57,000台の実績
データライブのEOL延長保守サービスは日本全国の1500を超える企業や団体で採用されており、ネットワーク製品の保守延長に豊富な実績があります。故障しても直して使い続けられるデータライブのEOSL延長保守サービスは、ネットワーク基盤の長期稼働を支えています。

お問い合わせ

データライブ株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス