株式会社イー・スクエア

2016/11/16

掲載開始日: 2016/11/16

セミナー・イベント

第6回次世代基盤技術産業展 TECH Biz EXPO 2016に出展中!

サイジング表面処理用 大気圧プラズマ装置をご案内しております。

11月18日(金)  13:55~14:15
弊社代表の高島が講演を行います。
テーマ『大気圧プラズマによる炭素繊維表面への高速親水化処理』

是非ご来場下さい。

展示会会期:2016年11月16日~18日 10時~17時
会場:吹上ホール(名古屋中小企業振興会館)
名古屋市千種区吹上二丁目6番3号

開催日時 2016年11月16日(水) ~ 2016年11月18日(金)
10:00 ~ 17:00
会場 吹上ホール(名古屋中小企業振興会館)
名古屋市千種区吹上二丁目6番3号
参加費 無料
関連製品情報
5G向けプリント基板(FCCL)にも!大気圧プラズマ表面処理装置 製品画像

液晶ポリマー、フッ素樹脂、PP等のフィルムまたは異種材とのダイレクト接着が可能※コロナ、光、湿式方式との違いを掲載した資料進呈

弊社の『Precise』はプラズマ発生部を処理部と分離されているため(ダウンストリーム型)、処理方面にダメージを与えることなく、分子結合を主体に表面に官能基・水酸基を付与することで、液晶ポリマー(LCP)やフッ素樹脂へ、滑らかな表面のまま、ダイレクトに接着することが可能です。 また、プラズマ処理により正・負電極部やセパレータへの表面を活性化することで、リチウムイオン電池への電解液の注入含浸時間の短縮にも効果が期待できます。 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

プラズマ表面処理装置「AP Plasma Precise II」 製品画像

ESD Free!パーティクルフリーの常圧プラズマ表面処理装置

プラズマ表面処理装置「AP Plasma Precise II」は、窒素ガスをベースとし、誘電体バリア放電を利用しワーク自体を電磁界エリアから隔離し、リアクター内で励起されたラジカル等のみを使用した装置です。 これによりワークへのダメージを与えない状態で連続処理が可能になりました。 また、ワークが帯電した状態でも除電され、処理後の気中のパーティクル付着もありません。 【特徴】 ○2 years maintain cycle ○Long life electrode on 5 years ○Compact body ○No plasma damage 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社イー・スクエア

ページの先頭へ