ハイウィン株式会社

ボールスプライン 一覧

ボールスプライン
HIWINボールスプラインはころがり案内のスプライン軸受です。ナット、ねじ、ボール及び保持器で構成され、ボールの転がり運動を利用した直線運動機構です。アンギュラコンタクト構造のため、ラジアル方向と回転方向に大きな負荷容量を持っています。ナットとベアリングが一体構造であるため、コンパクトながら高負荷を達成します。

■トルク伝達能力
リニアベアリングと比較して、転がり溝のボールは対面接触のため、ナットとねじは相対運動が可能で、トルクを伝達できます。

■一体構造
ナットとベアリングが一体構造となっているので高精度で軽量、コンパクトな形状に仕上がっています。

■取付が簡単
保持器(リテーナ)付なので、スプライン軸を抜いてもボールは脱落しません。

■潤滑剤
最適な給油構造設計で潤滑剤をボール循環部に供給し、潤滑効果を向上させて耐用年数を延長します。

○ 詳細はカタログをご覧になるか、お問い合わせください。