日本ハネウェル株式会社 本社

2018/06/04

掲載開始日: 2018/06/04

製品ニュース

複合ガス検知器MicroClip(マイクロクリップシリーズ)日本国内防爆規格取得

この度 日本ハネウェル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西巻 宏)は、複合ガス検知器マイクロクリップシリーズが第三者認証機関である公益社団法人 産業安全技術協会よりTIIS 規格(本質安全防爆)を取得したことを発表します。

■品名:複合ガス検知器 MicroClip(マイクロクリップ)シリーズ
■機種名: GasAlerMicroClip XL(マイクロクリップXL / GasAlerMicroClip X3(マイクロクリップX3)
■希望小売価格: マイクロクリップXL 71,400 円 / マイクロクリップX3 81,000 円

石油精製、化学合成プラントなどでは、可燃性ガスや可燃性液体の蒸気が空気と混合した状態で、電気火花や高温度の物体などの点火源に触れることで、爆発や火災が起きる可能性があり、ガスの状況を安全に監視することが求められています。
また、そのような危険な場所では、使用する計測機器にも爆発を防止する構造が求められるため、4 種類(酸素・一酸化炭素・硫化水素・可燃性ガス)のガスを監視出来るマイクロクリップシリーズを今回日本国内の本質安全防爆規格に対応しました。

複合ガス検知器MicroClip
複合ガス検知器MicroClip
関連資料

MicroClip-20180601 Final.pdf [252KB]

関連製品情報
複合ガス検知器|MicroClip(マイクロクリップシリーズ) 製品画像

TIIS(本質安全防爆規格)取得の複合ガス検知器

石油精製、化学合成プラントなどでは、可燃性ガスや可燃性液体の蒸気が空気と混合した状態で、電気火花や高温度の物体などの点火源に触れることで、爆発や火災が起きる可能性があり、ガスの状況を安全に監視することが求められています。また、そのような危険な場所では、使用する計測機器にも爆発を防止する構造が求められるため、4 種類(酸素・一酸化炭素・硫化水素・可燃性ガス)のガスを監視出来るマイクロクリップシリーズを今回日本国内の本質安全防爆規格に対応しました。 世界で最も人気があり、海外の防爆規格は取得していたガス検知器マイクロクリップシリーズは、防水機能で業界初めてのIP68 に対応する複合ガス検知器であると共に、警報により酸欠・中毒による人身事故などの防止を行うなど、あらゆる苛酷な環境下に於いても作業者の安全を確保します。

吸引型複合ガス検知器|MaxXT2 (マックスXT2) 製品画像

TIIS(本質安全防爆規格)取得の吸引型複合ガス検知器

吸引型複合ガス検知器マックスXT2は、大型LCD の採用により4種類(酸素・一酸化炭素・硫化水素・可燃性ガス)のガス監視状況を同時表示することが出来るポンプ内蔵吸引型マルチガス検知です。 ボタン1つでわかりやすく操作できるだけでなく、高度なリモートサンプリングに対応する堅牢なモーター式のポンプを備え、マンホールや地下ピット、タンク内の入坑前の事前検査などの閉鎖空間にも最適です。 閉鎖された空間での引火事故は非常に危険な為、計測機器にも爆発を防止する構造が求められることから、日本国内の本質安全防爆規格に対応しました。

お問い合わせ

日本ハネウェル株式会社 本社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ