株式会社キョーワハーツ

絞り加工 Squeeze Process

最終更新日: 2022/08/02
新しい加工技術への挑戦のひとつとして、順送絞り加工に取り組んでいます。

新しい加工技術への挑戦のひとつとして、順送絞り加工に取り組んでいます。
これにより、従来のカーリング技術に加えて、強度の必要な物には絞り加工を選択できるなど、
お客様の開発設計の幅の広がりに対応できます。

責任をもって金型設計から一貫生産を行い、製品の精巧さ・寿命においてもトップレベルを保ち続けています。

詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。

基本情報

【金型製作上のポイント】
○細い絞り部を切れずに加工する工程設計、カーリング部の工程設計
○絞り形状が異形のため工程設計に工夫が必要
○角穴を後で抜くので、ダイ形状の工夫
○順送加工をするため、つなぎをどこに設けるかの工夫
【プレス加工上のポイント】
○絞り先端穴あけのカス上がり対策
○板厚のばらつきにより絞り部が切れる
○マッチング部が細いので送り時に製品が捩れる
○カットオフの後、金型上に製品がのこるので、それを排出するための
 工夫が必要

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。

価格情報 お問い合わせ下さい。
納期 お問い合わせください
※ お問い合わせ下さい。
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。

関連カタログ

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社キョーワハーツ