株式会社メイキコウ

【つなぎのご提案】メイキコウ ロボットハンドリングシステム

最終更新日: 2021/07/05
ANAが九州佐賀国際空港に当社製の手荷物自動積み付けロボットを初めて導入!

ロボットメーカとして、
そしてロボットインテグレータとして、
画像処理技術とマテハン技術を駆使しメイキコウは物流システムをトータルでご提案いたします。

「自動化、省人省力化、フレキシブル性、安全性」
シザーリフト、コンベヤ、システムの三事業を展開しているメイキコウは、
ロボットを用いた物流システムを納入しております。
必要に応じて自社でロボットを製作しています。

【ロボットを用いた事例】
■ANAの九州佐賀国際空港の「手荷物自動積み付けロボット」
■各種製造工程におけるロボットハンドリングシステム
■トラックおよびコンテナへのロボットによる荷降ろしシステム
(2020国際ロボット展ビデオ出展)

詳しくはカタログをダウンロードしていただくか、お気軽にお問合せください。

関連動画

基本情報

【手荷物自動積み付けロボットの説明】
メイキコウは、『手荷物自動積み付けロボット』のシステムを九州佐賀国際空港に納入しました。
同システムは、全日本空輸株式会社(以下ANA)とメイキコウが共同で開発を行い、2年の歳月をかけて導入した空港設備です。
『手荷物自動積み付けロボット』は、乗客がチェックインカウンターで預けた手荷物の約6割強を占めるキャリーケースを自動でバルクカートに積み付けるシステムです。
バルクカートとは、手荷物を飛行機まで運ぶ運搬車両です。
画像処理技術により、手荷物の形状や寸法を判断してロボットが自動で積み付けをしたり、段ボールケースやお土産をいれた袋などは、ロボットによる積み付けをスルーさせることができます。
バルクカートは、トーイングトラクターにより牽引、飛行機まで運搬されて、手荷物は機内に積み込まれます。
ロボットの積込み処理能力は平均26秒/個。最大30キログラム/個まで積み付けが可能。
従来のグランドハンドリングスタッフによる積み付け時間は平均30秒/個であったため、オペレーション業務の短縮も実現しています。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社メイキコウ

製品・サービス一覧(61件)を見る