宮原酸素株式会社

【資料】炭酸ガス施用がイチゴの収量・品質に及ぼす影響

UPDATE   最終更新日: 2022/05/24
群馬県育成イチゴ品種「やよいひめ」の栽培において、炭酸ガス施用が収量・品質に及ぼす影響について3ヵ年検討した。

当資料は、炭酸ガス施用がイチゴ品種「やよいひめ」の収量・品質に
及ぼす影響について紹介しています。

炭酸ガス施用は、液化炭酸ガスを用いた生ガス施用(株本への局所施用)、LPガスを用いた燃焼式施用の2通りの方法で実施した。

ハウス内炭酸ガス濃度を600ppmに管理すると、果数、平均一果重が増加し、
無施用と比べて収量が14~29%、400ppmに維持すると5~10%増加。

また、炭酸ガス施用に伴う費用対効果は、600ppm、400ppm共に増収に伴う
収益が必要経費を上回り、利益が向上しました。

【掲載内容】
■要旨
■緒言
■試験方法
■結果
■考察
■引用文献

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

宮原酸素株式会社

農業の製品・サービス一覧(41件)を見る