九州計測器株式会社

低分子化合物の置換法による検出

最終更新日: 2018-06-11 17:32:26.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

【アプリケーションシート】表面プラズモン共鳴SPR装置 RANA
置換法は、抗原抗体反応によりいったん抗体を表面に結合させ、ターゲットにより抗体を解離させ、間接的に検出する手法です。低分子を測定する場合、センサ表面にはターゲットの類似物質を固定化します。ここでは「低分子化合物A」を例として、センサ表面作製法および測定方法を解説します。

関連情報

表面プラズモン共鳴SPR装置 RANA
表面プラズモン共鳴SPR装置 RANA 製品画像

●オールインワンタイプの小型SPRセンサ
ペリスタポンプ、タッチパネル式モニタ、コンピュータ、SSD等、測定に必要な機器を全て備えながらも小型なパーソナルサイズです。
●プリズム一体型のプラスチックセンサチップ
押型成形によるプラスチック製のプリズム一体型センサチップの採用により、マッチングオイルが不要で簡単に測定が可能。5チャンネル以上の測定エリアが利用可能。
●カスタマイズ対応可能なソフトウェア
基本的な操作は正面タッチパネルより実効。各種の解析や警報出力、無線通信等のカスタマイズにも対応可能。

お問い合わせ

九州計測器株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
動機  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ