トークシステム株式会社 (公式サイト)

ご連絡はこちら

ものづくりをTALKでつなぐ、トークシステム株式会社です。
検索キーワード

トークシステム株式会社 最新ニュース

トークシステム株式会社 注目製品情報

  • レバー操作で簡単固定/クイッククランパー「レバーユニット」
    クイッククランパー「レバーユニット」
    固定の革命!「クイッククランパー」に、レバー操作でクランプ/アンクランプが可能な「レバーユニット」が新登場! 【特長】 ○軸の傾きが小さく、動きがスムーズ ○遠隔操作可能 ○リニアブッシュとの組合せが容易 ○耐久性&優れた潤滑性を有する表面処理 適用シャフト径:φ8/16
    最終更新日:2016/08/23
  • 【特集】トップランナーモータ/2015年4月、規制スタート!
    モータのエネルギー消費削減は省エネ効果大。環境にやさしい省エネモータに切り替えませんか?
    地球環境の保護と電力使用量の削減を目的として、モータを製造するメーカーに対し、効率の低いモータの出荷を規制するトップランナーモータ規制が2015年4月よりスタートします。 高効率モータは現行のモータよりも使用している部品が高価であること、冷却のためサイズが大きくなる場合があることなどから、一般的には現行モータよりも価格が上がります。 一方で、効率が高いため運転コストは下がり、高効率モータを使用する方が経済的です。 既に使われているモータの切替え義務はありませんが、現在お使いのモータが規制施行後に故障した際は同じ製品を手に入れることが困難なため、事前の切替えがおすすめです。 この特集では、FA関連機器の専門商社「トークシステム」が取扱うトップランナーモータの代表機種をご紹介します。 ▼規制対象については「基本情報」を、  代表機種は「詳細情報」をご覧ください。
    最終更新日:2016/05/31
  • マイクロシーケンサ「MELSEC iQ-Fシリーズ」
    マイクロシーケンサ「MELSEC iQ-Fシリーズ」
    三菱マイクロシーケンサMELSEC-Fシリーズは、バスの高速化やCPU内蔵機能の充実化をはじめ、SSCNET III/H対応による位置決めソリューションの大幅強化、エンジニアリングソフトウェアGX Works3による各種機能のパラメータ設定化などエンジニアリング環境を大幅に改善し、新たに「MELSEC iQ-Fシリーズ」として生まれ変わりました。 スタンドアロンユースからネットワークを含むシステム提案まで、お客様の『一歩先行くものづくり』を強力に支援致します。 ▼新しくなったマイクロシーケンサのデザインコンセプト 【基本性能の向上】 ○システムバスの高速化 ○内蔵機能の充実 ○セキュリティ機能の向上 ○バッテリレス 【駆動機器との親和性】 ○使いやすい内蔵位置決め(4軸 200kHz) ○簡易補間機能の搭載 ○シンプルモーションユニットによる ○4軸同期制御(専用ソフトウェア不要) 【直感的なプログラミング環境】 ○ドラッグ&ドロップによる簡単プログラミング ○ユニットFBによる開発工数の削減 ○各種機能のパラメータ設定
    最終更新日:2016/05/31

トークシステムの取り扱い製品一覧へ→


ページの先頭へ