トークシステム株式会社

テーピングマシンのリール固定に最適「リールクランパー」(TPS)

最終更新日: 2023/07/07

  • カタログ

【工具レスでリールをワンタッチ着脱】

TPSクイッククランパーシリーズ「リールクランパー/リールユニット」なら、チップテーピングマシンなどのリール交換がワンタッチで可能。
コストダウンに貢献します!

■段取替時間削減
リール1個あたり年間11時間
※1日のリール交換回数20回、200日稼働、従来との段取替時間差10秒での試算。

■リール固定不良・脱落による製品不良率ほぼ0%
※リールが脱落しないことや製品不良率の数値を確約するものではございません。

■工具レスだから誰でも簡単・確実に固定。締付トルク管理も不要のため作業標準化に貢献

《使用方法》
取り付け時:製品を手で押し付けるだけ
取り外し時:製品を指でつまんで引き抜くだけ

関連動画

φ8~25樹脂製リールクランパー/φ30ステンレス製リールユニット

【主な特長】
▼ワンタッチで交換可能
 従来のねじ締め方式に比べ、すばやく簡単にリールを交換できます。
 個人差が出ない安全・確実な固定方法です。

▼生産性の向上に貢献
 段取時間の短縮により、機械実動時間の向上に貢献します。

▼こだわりの材質
 静電気除去のため、帯電防止樹脂を使用。※φ30 を除く。φ30 はステンレス製です。
 全ての材質がRoHS に対応しています。

▼豊富な対応軸径
 標準径φ8・12・16・20・25・30。
 様々な機器にお使いいただけます。

▽寸法等の詳細はカタログでご覧いただけます。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 TPS
用途/実績例 コネクタ、コンデンサ、インダクタ、ダイオード、抵抗器、センサ、トランジスタ、IC、リレーなどの「チップテーピングマシン」に!
ラインアップ
型番 概要
TUSR 08 適用シャフト径:φ8
TUSR 12 適用シャフト径:φ12
TUSR 16 適用シャフト径:φ16
TUSR 20 適用シャフト径:φ20
TUSR 25 適用シャフト径:φ25
TURG30B 適用シャフト径:φ30

詳細情報

コネクタ、コンデンサ、インダクタ、ダイオード、抵抗器、トランジスタ、センサ、IC、リレーなどチップテーピングマシンに最適です。

2.png

従来のねじ締め方式に比べて、工具レスのためすばやく簡単にリールを交換できます。個人差が出ない安全・確実な固定方法です。

3.png

静電気除去のため、帯電防止樹脂を使用。全ての材質がRoHSに対応しています。(※φ30を除く。φ30はステンレス製です。)

4.png

標準径φ8・12・16・20・25・30。
豊富な対応軸径はチップテーピングマシンをはじめ、様々な機械にお使いいただけます。

5.png

リール1個あたり年間11時間の段取替時間削減。(※1日のリール交換回数20回、200日稼働、従来との段取替時間差10秒での試算。)
段取替時間の短縮により、機械実動時間の向上に貢献します。

6.png

製品不良率ほぼ0%。
ボルト固定から、リールクランパーに置き換えることでリールの固定不良や脱落に起因する製品不良をほぼゼロにすることが出来ます。(※リールが脱落しないことや製品不良率の数値を確約するものではございません。)

7.png

工具レスだから誰でも簡単・確実に固定。締付トルク管理も不要です。

8.png

【第1回九州機械要素技術展(M-Tech KYUSYU)出展】
会期:2023/11/29(水)~12/01(金)
会場:マリンメッセ福岡
ブースNo:未定
会場では実機をご体感頂けます。ご来場、お待ちしております。

展示会_九州(ブースNo無).png

関連ダウンロード

テーピングマシンのリール固定に最適「リールクランパー」(TPS)

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

トークシステム株式会社

ページの先頭へ