株式会社TCC

【開発事例】Linuxデバイスドライバ開発支援

最終更新日: 2021/04/20
組込Linux上のセンサやストレージ、様々なデバイス開発支援可能!通信業での事例をご紹介

組込Linuxの様々なデバイスドライバの評価を行う為の診断プログラム開発の
事例をご紹介いたします。

ターミナルソフトからコマンドを発行し、診断プログラムを経由してデバイスの
動作状態を評価します。また、デバッグボードにICEを接続し、デバッガにより
デバイスドライバの動作確認と、オシロスコープを使用して、I2C、SPIといった
ホスト~デバイス間の通信確認を行います。

導入後は、Linux上のセンサ、ストレージといった様々なデバイス開発支援が
可能になりました。

【事例概要】
■業種:通信業
■分野:組込み
■開発環境
 ・OS:Linux WindowsOS
 ・開発言語:C言語
 ・使用機器:ICE

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

【導入効果】
■診断プログラムを用いることでデバイスドライバの一元的な評価が可能
■組込Linux上のセンサ、ストレージといった様々なデバイス開発支援(設計・製造・評価)が可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

株式会社TCCへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(70件)を見る