トスク株式会社(旧十慈フィールド)

液中パーティクルカウンタ『KL-05』

最終更新日: 2019/10/02

  • カタログ

医薬品工場などにおける注射剤中の不溶性微粒子を測定 『日本薬局方 注射剤の不溶性微粒子試験法 第1法「光遮蔽粒子計数法」に対応』

液中パーティクルカウンタ『KL-05』は、光遮蔽方式により
粒径1.3~100μmの微粒子の測定が行える自動測定装置です。
医薬品工場などにおける注射剤中の不溶性微粒子の計測に適しています。

【特長】
■日本薬局方(JP)、米国薬局方(USP)、欧州薬局方(EP)、大韓薬典(KP)、中国薬典(ChP)に定める注射剤中の不溶性微粒子試験に対応。
■小容量測定(USP 787)に対応。10mL容量シリンジおよびアンプルなどの小容量試料台をご用意(オプション)
■FDAの21 CFR Part11に対応。オペレータやパスワード管理機能を充実。電子署名にも対応。
■シリアル通信によりLIMSなどへ測定結果の出力が可能。
■測定結果をPDFもしくはテキストファイルで出力。
■内蔵​記憶装置としてSSDを採用し、動作速度を向上。
■可測粒径範囲 1.3μm~100μm、定格流量 25mL/min(工場オプションで10mL/min対応)、粒径区分最大20段階まで任意設定可能。
■光源の半導体レーザを3年間保証。

※詳しくはカタログをご覧下さい。デモも可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【仕様】
◆光源:半導体レーザ(定格出力:4.5mW、波長:790nm)
◆レーザ製品のクラス:クラス1、IEC 60825-1
◆受光素子:フォトダイオード
◆接液部材質
・フローセル:合成石英
・シリンジ:ほうけい酸ガラス、PTFE
・シリンジポンプ:Kel-F(PCTFE)、PTFE
・チューブ、パッキン、継手:PFA、PTFE、PCTFE、パーフロ(特殊フッ素ゴム)
◆粒径区分:1.3~100μmにおいて1~20段階(0.1μm刻み)
◆計数効率:100%±5%
◆最大粒子個数濃度:10000個/mL(純水中の10μm付近のPSL粒子、計数損失10%)
◆最小可測容量:0.2mL(使用するサンプリング管により空吸引量にデッドボリュームの容量を加算する必要有り)
◆最大試料圧力:50kPa(ゲージ圧)
◆電源:AC100~240V、50/60Hz、約80VA
◆使用温湿度範囲:15~30℃、20~80% RH
◆大きさ・重さ:約370(H)×375(W)×236(D)mm、約10kg

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 【用途】
■注射剤中の不溶性微粒子の計測など。日本薬局方 注射剤の不溶性微粒子試験法 第1法「光遮蔽粒子計数法」に対応。

※詳しくはカタログをご覧下さい。デモも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

トスク株式会社(旧十慈フィールド)へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ