株式会社東洋精機製作所

最新ニュース

注目製品情報

  • 自動荷重切替(マルチウエイト)・メルトインデクサー 製品画像
    自動荷重切替(マルチウエイト)・メルトインデクサー
    【特長】 ■0.325kg~21.6kgの荷重が予め装置に内蔵されています。ウエイトを自動で選択できることにより、オペレーターの負荷が軽減され、作業の安全性が向上します。 ■1回の試験で最大3ステップの荷重増減(マルチウエイト測定)が自動で可能です。これにより、熱可塑性プラスチックのレオロジー特性が、材料の分子量分布によって影響を受けるときの指標として一般に用いられるフローレイト比(FRR)を求めることができます。(ASTM D1238 D法) ■通常のシングルウエイト測定のメルトインデクサー(MFR/MVR測定機、MFR計、MI計、メルトフローレイト試験機)としてもお使いいただけます。
  • コーンカロリーメータC4(コーンカロリーメーター・発熱性試験機) 製品画像
    コーンカロリーメータC4(コーンカロリーメーター・発熱性試験機)
    コーンカロリーメータ(コーンカロリーメーター)C4 は、燃焼において発生する熱量とそこで消費する酸素の量の関係が有機材料の種類によらず、酸素1kg あたり13.1MJ の発熱があるという酸素消費量測定法に基づいて、酸素消費を高精度に測定し各種材料の火災の危険度を予測する重要な要因である発熱速度を計算する試験機です。オプションにて発生ガスの定量分析もできます。
  • タッキネスチェッカ HTC-1(ポータブル型タックテスター) 製品画像
    タッキネスチェッカ HTC-1(ポータブル型タックテスター)
    ゴム部材と補強材を包含した部材を多層に粘着して加硫するタイヤやベルト等の成形工程に於いて、部材の粘着性を事前に確認することは、非常に重要な事です。この装置は、現場で部材の粘着力を簡単に測定する装置として開発されたもので、テープ等の粘着力の測定にも応用できます。季節によって現場の雰囲気温度は変化し、粘着性にも影響を与えます。タッキネスチェッカ(タッキネスチェッカー)は、現場で粘着力を簡単に測定することができます。
株式会社東洋精機製作所 ロゴ

株式会社東洋精機製作所について

材料試験機・物性試験機の総合メーカー
東洋精機製作所は、プラスチック・ゴム・紙・繊維・塗料・印刷等の分野を対象とする各種材料試験機・物性試験機の総合メーカーです。
1934年の創業以来、「試験機一筋」に、各分野におけるお客様の研究開発・品質管理をお手伝いしてまいりました。
これからも技術力に磨きをかけ、お客様のニーズにお応えしてまいります。

ページの先頭へ