Wincommジャパン株式会社

企業情報

台湾メーカーの子会社として、医療用(『60601-1』認証)、産業用及び完全防水・防塵のタッチパネルPCを取り扱っております。

WincommジャパンはWINCOMM台湾本社の100%出資の子会社です。当社は台湾本社にて設計、製造している医療用、産業用及び防塵・防水のタッチパネルPC製品などの輸入販売及び保守、修理、サポートなどの業務に従事しております。台湾本社は1993年に台湾のシリコンバレーと呼ばれる新竹市のサイエンスパークで創立されました。主にファンレスを中心とした高信頼性の医療用・産業用コンピュータを設計、製造しており、2000年にはISO9001を取得し、2003年~2005年には毎年『Taiwan Symbol of Excellence賞』を獲得しており、近年では2015年に『Best Choice Golden Award』、2016年に『2016 d& i award』を台湾で獲得しております。
豊富な開発人材を生かし、2008年には医療用国際規格『60601-1』を取得した医療用の液晶一体型タッチパネルコンピュータを開発し、医療分野へも進出して参りましたが、医療機器品質保証の国際規格である 『ISO-13485』も2012年に取得し、医療器材メーカーとしても品質面において一定の品質管理基準に適合しております。

Wincomm台湾本社の獲得賞と認証書
Wincomm台湾本社の獲得賞と認証書
企業概要
企業概要

Wincommジャパン株式会社の企業概要です。 Wincommジャパン(株)はWINCOMM台湾本社の100%出資の子会社です。当社はWincomm社にて設計、製造しているパネルコンピュータ(医療用含む)、デジタルサイネージ用コンピュータや産業用のファンレス・BOXコンピュータなどの製品について、輸入販売と製品販売に伴う保守、修理、サポートなどに従事しております。WINCOMM社は1993年に台湾のシリコンバレーと呼ばれる新竹サイエンスパークで創立されました。主にファンレスを中心とした高信頼性の各種産業用コンピュータを設計、製造しており、2000年にはISO9001を取得し、2003年~2005年には毎年『Taiwan Symbol of Excellence賞』を獲得しておりました。豊富な開発人材を生かし、2008年には医療用国際規格『IEC60601/EN60601』(現在は第3版に適合)を取得した医療用の液晶一体型タッチパネルコンピュータを開発し、欧米、日本を中心に医療分野へも進出して参りました。Wincomm全製品でUL/CE/FCC/VCCI/RoHS対応しております。 更に2012年12月には医療品質保証の国際規格である 『ISO-13485』も取得し、医療器材メーカーとしても、 品質面において一定の品質管理基準に 適合しているメーカーとなりました。

アクセス・地図
アクセス・地図

所在地は、埼玉県 川口市 並木4−16−17−206です。

ページの先頭へ