株式会社樋口商会

製剤メーカー向け GMP 対応 粉体輸送装置 PTS

最終更新日:2016-09-08 11:57:41.0

  • カタログ

「装置の洗浄」や高活性薬品を扱う際の「封じ込め」にお困りではありませんか?

「ロット切り替え時の洗浄作業」
「防護服を着ながらの作業」
・・・など、大変ですよね?

PTSを使えば粉体のハンドリングが劇的に変わります!
PTSは粉塵爆発対策にも対応した堅牢な構造で粉体を外に漏らしません。
周囲に粉塵が舞わないので、作業後の清掃作業の時間は劇的に短縮できます!
PTSは液体も輸送出来ますので、WIP(CIP)にも対応可能です。


輸送元、輸送先は問いません。

例えば、
粉体を暴露させずに造粒機からインラインミルを通してコンテナへ輸送したりする事も可能です!

他の真空を利用した輸送機でも輸送できないような粉も運べる可能性があります。(反応槽への投入が安全に行えます。※ATEXにも完全対応)
また、他のDEC社製品と組み合わせることで、より高いレベルの封じ込めにも対応が可能です。

粉体の輸送でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

製剤メーカー向け GMP 対応 粉体輸送装置 PTS 製品画像
製剤メーカー向け GMP 対応 粉体輸送装置 PTS 製品画像
PTSはDEC社(スイス)が開発した真空ポンプを利用した吸引型の粉体輸送装置で、従来の空気輸送と比較しコンパクトでクローズド性があり高いレベルのOEL、OEBにも簡単に対応可能なる粉体輸送装置です。
また、フィルターはフラットタイプを採用しているため装置がコンパクトなのも特長です。

圧送式等の他の輸送装置に比べ、粉体への摩擦を少なく輸送でき、静電気の発生を極力防ぎます。
他の装置との組み合わせ次第で、暴露レベル1μg/m3の封じ込めにも対応が可能です。

また、ホース内での粉体移動速度が遅い為、分級や顆粒が壊れてしまうリスクも軽減できます。

オプションを利用すれば液体の輸送も可能なので、粉体輸送終了後のウェットダウンや管内洗浄も可能です。
価格
※ お気軽にお問い合わせください。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名 PTS
用途/実績例 防爆、ケミカルハザード(暴露対策)への考慮がデザインされており、
既に欧米では反応槽への輸送や投入用途等で、約3000台の販売実績があります。
(例)造粒機への粉体輸送、コンテナへの粉体輸送、封じ込め状態での輸送、打錠機への輸送、混合機への輸送、など。


【導入頂いたラインの一例】

・5%の酸素濃度を上げずに有機溶媒の入った反応槽へ投入するライン
・最小着火エネルギーの低い粉体を輸送するライン※3~5mJの粉体の輸送実績あり
・揚程距離が長く、作業者への負担が大きいライン※揚程距離15mの輸送実績あり
・湿粉を輸送するライン※37%の湿粉の輸送実績あり
・金属粉を輸送するライン※嵩密度6の粉体の輸送実績あり
・軽量粉体を輸送するライン※嵩密度0.05の粉体の輸送実績あり

関連ダウンロード

製剤メーカー向け GMP 対応 粉体輸送装置 PTS

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

粉体輸送装置 PTS

PTSはDEC社(スイス)が開発した真空型粉体輸送装置で、従来の空気輸送と比較しコンパクトでクローズド性を改善した装置です。

溶剤含有粉体の輸送事例(AP1)

溶媒を含んだ粉体は非常に引火しやすく、毒性もありました。爆発のリスクを避けるため、粉体投入中は反応槽を不活性な状態に保っていましたが、静電気着火を原因とする粉塵爆発が起こり2名の作業者が深刻なやけどを負ってしまいました。
この工程をPTSを使用して改善いたしました。

水素ガスが発生する粉体(水素化ホウ素ナトリウム)の輸送事例(AP3)

水で満たされている反応槽へ水と反応し水素ガスを発生する粉体を輸送する工程があり、爆発を防止する為には反応槽へは酸素が入らないようにする必要がありました。
この工程をPTSを使用して改善いたしました。

スラリ化せずペニシリン粉体を輸送する事例(AP4)

溶媒で満たされた反応槽へ粉体を直接投入する事は安全性(爆発防止)の観点から実施出来ない工程でした。その為、3種類の粉末を混合タンクへ投入・スラリ化させた後、ポンプを使用して反応槽へ輸送していました。
この工程をPTSを使用して改善いたしました。

塩素ガスが発生する粉体(塩化アルミニウム)の輸送事例(AP5)

塩化アルミニウムを5barに加圧された反応槽へ輸送する工程でした。反応により熱・塩素ガスが発生するので、反応槽への投入は正しくコントロールする必要がありました。
この工程をPTSを使用して改善いたしました。

大量の医薬品粉体の輸送事例(AP6)

完全防護服を着た2名の作業者が50kgのドラムに入った医薬品粉体を合計700kg、反応槽へ手で投入していました。
また、次バッチの仕込みを行う場合でも、溶媒が大気中に放出されるのを防ぐ為、反応槽が完全に乾くまでマンホールを開ける事は出来ない工程でした。
この工程をPTSを使用して改善しました。

可燃性粉体の安全な輸送事例(AP8)

人手により可燃性粉体を濾過装置よりコンテナ(バケツ)等へ排出し上の階に設置されたコニカルドライヤの投入口へ輸送している工程でした。
また、作業者は防護服の着用が必要でした。
この工程をPTSを使用して改善しました。

フレコンバッグ排出ユニット Big Bag Station

スイスDEC社のPTS粉体輸送装置と組み合わせることで、危険な高所作業から解放されます。
フレコンバッグの中の粉体を短時間で安全にご希望の輸送先(反応層や容器など)に輸送することが可能です。

生産現場の大幅な省力化と生産性の向上を実現。
密閉系の輸送による作業環境の改善が可能。

お問い合わせ

株式会社樋口商会へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ