株式会社樋口商会

化粧品原料 UV、BL、IRプロテクション植物エキ スソルベリン

最終更新日: 2024/03/22
UV、IR、BLプロテクター、ワタフジウツギ花エキス、フェニルプロパノイド、ヴェルバスコシド含有、エキナコシド含有

皮膚のUV、BL、IRへの暴露は、フリーラジカルを形成や炎症反応の原因となり、アポトーシスの発生や細胞外マトリックス(ECM)の分解が起こります。これらは短期的に日焼け・乾燥・敏感肌・紅斑の原因、⾧期的にはダークスポット・不均一な肌色・光老化などの原因となります。
ソルベリンは、UV、BL、IRの吸収効果があるフェニルプロパノイドが豊富に含まれているワタフジウツギの花に注目し、特に光吸収効果が高いヴェルバスコシドとエキナコシドを高い含有量で規格化した製品です。
・UV照射
脂質酸化抑制:54%
ウロカニン酸の異性化抑制:70%
アポトーシス抑制:57%
サンバーンセル抑制:40%
MMP-1抑制:30%
エラスチン産生促進:7%
TNF-α抑制:36%
メラニン抑制:62%
BL照射
ROS産生抑制:43%
TGF-β1抑制:88%
デコリン産生促進:29%
エイジングスポット減少:81%
・IRA照射下:
MMP-1 抑制:22%
IL-6抑制:27%
TGF-β1抑制:35%
・In Vivo:
紅斑抑制(L値):33%
ITA値:189%

基本情報

グリーンテック社は、1992年に設立された会社です。
同社は、日本でも約20年前から様々な種類の植物エキスを輸入販売しており、日本のお客様のグリーンテックに関する印象は取扱い品目が多い植物エキスメーカーと伺っております。
実際、扱っている植物エキスは、5000品目以上です。
従来の植物エキス以外もブラジルを中心とした南米、アマゾンの生物多様性にフォーカスした植物エキスやオイル、微生物研究に基づいて開発された微生物叢の恒常性維持などに効果を示す製品、藻類や微細藻類由来の成分や抽出エキスなどの製品も製造販売しています。
近年では、研究開発に力を入れ、製品のIn-Vivo, In-Vitroの評価データの充実は勿論のこと、スキンマイクロバイオームなどの新しいトレンドに対する研究開発も行っています。
また、自社特許技術である凍結技術(保存・粉砕・抽出)や発酵技術を用いてより有効成分濃度を高め効果を実証した製品の開発製造にも力を入れています。
これらの製造技術は、自社製品の開発だけではなくカスタマイズ製品の開発にも対応しています。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 製品性状:琥珀色~茶色の液体
推奨使用量:0.5~2.0%
推奨使用pH:5.0-6.0
使用上の注意:コールドプロセスでのご使用を推奨します。

用途:
・フォトプロテクション製品(デイリーケア)
・敏感肌用化粧品
・光老化向け製品
・赤み、皮膚のかぶれ、刺激の予防製品
・アンチダークスポット向け製品

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社樋口商会

製品・サービス一覧(195件)を見る