日本インカ株式会社

NEW
おすすめ情報
加圧浮上分離装置『インカ マイクロフローテーション』 製品画像
加圧浮上分離装置『インカ マイクロフローテーション』
高分離効率で清澄な処理水・高濃度な浮上スカムを実現。省スペースで設置可能
最終更新日:2020/04/20

注目製品情報

  • ディスクフィルター「ディスクろ過器」 製品画像
    ディスクフィルター「ディスクろ過器」
    ディスクフィルター「ディスクろ過器」は、コンパクトに設計されているため、 大きなろ過面積のフィルターでも狭いスペース内に設置できます。 主な用途としては、水道・工業用水などの原水、 処理水・下水の再利用や仕上げ処理などで活躍しています。 ~こんなことでお困りの方におすすめ~ 大量の水をろ過したいが、ろ過機の台数はできるだけ少なくしたい(1台、もしくは2・3台まで)。 ろ過機を設置したいが、砂ろ過を設置する場所がない。 自然流下で処理できるろ過機が欲しい。 砂ろ過より省エネのろ過機が欲しい。 高濃度の原水を処理できるろ過機を探している。 【特長】 ■省エネルギー、省スペース、低ランニングコストで導入できる。 ■高濃度原水でもろ過で対応可能。(高開口幅のフィルターと薬注の組み合わせ。) ■融通性が高く、将来の処理量増加、水質悪化に対応しやすい。 ※製品の詳細は、PDF資料をダウンロード頂くかお問い合わせください。
  • スパイラルコンベアSF「シャフトレス(無軸)スクリューコンベア」 製品画像
    スパイラルコンベアSF「シャフトレス(無軸)スクリューコンベア」
    メンテナンスをより少なくするため、スパイラルの回転数は低く設計し、ライナーに超高分子量ポリエチレン(UHMW―PE)を採用して摩耗を少なくしています。また、搬送効率を高くするため、スパイラルには多重のインサートを取り付ける事ができます。これによって搬送角度を高くしたり、より小型のコンベアを使用することができます。詳しくはカタログをダウンロードしてください。
日本インカ株式会社 ロゴ

日本インカ株式会社について

環境装置の製造・販売に思いを込め、優良製品の供給を通じて社会に貢献します。
日本インカは大正8年(1919年)大正コンクリート(株)として創設され、昭和10年(1935年)に水処理分野に進出いたしました。以降長年にわたり「下水処理」「産業排水処理」を中心として、水処理装置・機器の設計・製造を通じて欧州の先進的な技術を日本やアジアの市場に紹介してまいりました。

水処理事業は私たち人類が生きていく上で必要不可欠なビジネスであり、また現在はワールドワイドな視点からも住環境整備、産業開発、エコロジー関連等において大変注目を集めております。その意味において、日本インカ活躍の舞台は今後一層広がっていくものと考えております。長年培ってきた「技術のインカ」「提案のインカ」の名に恥じぬよう、より一層日本インカのビジネスに磨きをかけ、従来以上に皆様の生活や事業にお役立ていただけますよう社員一同努力を続けてまいります。

ページの先頭へ