株式会社ノイズ研究所(NoiseKen)

2019/09/03

掲載開始日: 2019/09/03

セミナー・イベント

EMC技術資料プレゼント!:第2回 名古屋カーエレクトロニクス技術展 出展のご案内

★★★ご好評いただいているNoiseKenの技術資料。 今回、なんと2種類を特別無料プレゼント‼★★★

2019年9月18日より開催される第2回 名古屋カーエレクトロニクス技術展に出展いたします。
お客さまのご来場を心よりお待ち申しあげます。

★☆★ 無料プレゼント IEC 61000-4試験規格概要 ★☆★
主要なEMC試験規格概要のほか、最新の規格動向なども掲載。

★☆★ 無料プレゼント 自動車・車載機器用EMC試験規格概要 ★☆★
自動車・車載機器関連の主要なEMC試験規格の概要を掲載。

○ 空間電磁界可視化システム EPS-02Ev3:発生要因の解析が簡単に
○ インパルスノイズ試験器 INS-S220:ノイズトラブルの問題解決に 
○ 広帯域スリーブアンテナ NKU2460G:近接照射試験用の高効率なアンテナ
○ DPIイミュニティ試験システム:自動車業界注目!!デバイス単体のEMC耐性評価試験
○ 雷サージ試験器 LSS-6330-A20:小型・低価格・6kVタイプ
○ EFT/B試験器、静電気試験器、EMC試験サービス(テストラボ船橋) ほか...

開催日時 2019年09月18日(水) ~ 2019年09月20日(金)
10:00 ~ 18:00
会場 【会場】
ポートメッセなごや
〒455-0848 名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地

【展示ブース】
第3展示館 小間番号 : 6-6
参加費 無料
無料プレゼントIEC 61000-4試験規格概要、自動車・車載機器用EMC試験規格概要 
無料プレゼントIEC 61000-4試験規格概要、自動車・車載機器用EMC試験規格概要 
空間電磁界可視化システム 、インパルスノイズ試験器、広帯域スリーブアンテナ、雷サージ試験器
空間電磁界可視化システム 、インパルスノイズ試験器、広帯域スリーブアンテナ、雷サージ試験器
関連資料

案内状_201908011503.pdf [2MB]

関連製品情報
空間電磁界可視化システムEPS-02Ev3 製品画像

【デモ機あります!】EMI対策の効率化に。

電子機器の開発に不可欠なEMC対策における、事前測定・発生箇所の特定・対策効果の確認ができるシステムです。カメラの画像から電磁界プローブの位置を色判別にて検出し測定した信号をリアルタイムで周波数解析し、電磁界強度レベルを測定対象物の実画像と重ね合わせてヒートマップ状に表示します。 ○ エミッション測定時の対策ツールとしてご利用できます。 ○ ノイズの発生要因・分析が手軽に簡単に確認できます。 ○ 対策前後の比較が簡単に確認できます。 ○ 電磁界プローブを変えることで製品全体から部品単体まで測定ができます。 ○ コンパクトで持ち運びに便利です。 〇 お客さま所有のスペアナや電磁界プローブを用いてシステム構築ができます。(要ご相談) ※詳細はカタログもしくは弊社までお問合せ下さい。

広帯域スリーブアンテナ(Model:NKU07M32G) 製品画像

近接照射イミュニティ試験はこれ1本!

広帯域スリーブアンテナは、携帯電話などの無線機より輻射される電磁波のイミュニティ評価試験(高周波接触・近傍電磁界イミュニティ試験)を効率よく行う為に開発されたアンテナです。 従来の近傍界での強電磁界イミュニティ試験では、個々の周波数に応じてアンテナを交換する必要がある為に大変な手間と時間を必要としていましたが、この広帯域スリーブアンテナを用いることでアンテナの交換が不要となり、試験時間を大幅に短縮することができます。 【特徴】 ○広い周波数特性のため、  アンテナの交換をせずに試験をおこなうことができる ○耐電力が30Wありますので、強電磁界の試験がおこなうことができる 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社ノイズ研究所(NoiseKen)

ページの先頭へ