中山水熱工業株式会社

サイクル波形解析とFFTソフト『バーチャルコナンデッセ』

最終更新日: 2020/06/26
【ライセンス1ヶ月無償提供中】PLCやデータロガーの膨大なデータ分析を簡単&高速化!技術者の作業時間削減に貢献する解析ソフト

当社、中山水熱工業では、サイクル波形解析ソフト『バーチャルコナンデッセ』を開発いたしました。
コナンデッセ(ハードウェア)をバーチャルに実現するソフトです。

当社製品である、実データを記録するデータロガー 波形解析装置『コナンデッセ』は、
手軽に素早い分析が好評のコナライザーが付属しており、
今回の開発製品『バーチャルコナンデッセ』は、他のデータロガーやPLC、DCS等、
IoTデバイスで蓄積された膨大なデータを高速分析するアプリとなっており、
コナンデッセと同様にコナライザーが付属します!

なお、振動生波形データの分析では、FFTはもちろん、短時間FFTやスペクトログラムも簡単に表示可能です。

【バーチャルコナンデッセの特徴】
■波形データをわかりやすく表示
■大量のデータを簡単に分析し、グラフ・表示の分析も高速
■既存システム・設備と連携可能
■技術者の作業時間を大幅削減

《 1ヶ月無償ライセンス提供を実施中! 》
⇒ご興味のある方は、下記お問い合わせフォームからその旨をお知らせください。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画

基本情報

【機能の要約】
■設定されたトリガー条件に従い、CSVファイルに記録された連続データからサイクル波形を切り出し
■切り出し結果は、CLファイル形式で記録
■FFTを適用し、周波数分析が実施可能
■Trigger Mode = Noneの指定で、50%重複窓によるスペクトログラム(ウォーターフォール)分析が可能
■スペクトログラムはソフト内で表示、画像ファイルに保存可能

【機能の詳細】
1.採取する情報
・データ列(1列)
・時刻情報列(1列、オプション※1)
・外部トリガー列(1列、オプション)
※1: 時刻情報列を使わない場合、開始時刻とサンプル採取の時間間隔を手動設定

2.制約事項
・行方向に時系列サンプルデータが並んでいる
・一定の時間間隔でサンプル採取されている
・最大列数676(A~ZZ)※2
・最大行数1048576※2
※2: セル数=列数x行数の最大値はデータの内容とメモリー容量に依存

3.FFTについて
・窓関数: Blackman(固定)
・スペクトログラムは、周波数および強度についてリニアおよび対数(強度はdB)表示を切り替え可能

価格情報 【ライセンス販売価格】2020年3月24日時点
・シングルライセンス 6万円
・5ライセンス 25万円
・10ライセンス 40万円
※永久ライセンスとなります。
※表記は税別価格となります。
価格帯 1万円 ~ 10万円
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 virtual conandesse(バーチャルコナンデッセ)
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

中山水熱工業株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(24件)を見る