岡谷精立工業株式会社

電磁誘導式CPC事例/高温用電磁誘導センサー

最終更新日: 2018/10/22

  • カタログ

高温熱処理炉工程用に開発された電磁誘導センサーの事例紹介です。

特殊鋼製造会社様

導入目的:銅板の蛇行制御

熱処理炉内のストリップの蛇行を防ぐ電磁誘導方式のCPC制御。

高温の熱処理工程において、電磁誘導方式のセンサを使いストリップセンター位置を±5mmの精度で測定する事ができます。長期間の使用にも耐えられるメンテナンスフリーの構造です。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

2つの電磁誘導センサが同一平面上に、パスレベルに対して垂直に、ラインセンターに対し対称に配置され、測定を行っております。
高温域における高精度測定、炉内の蒸気衝撃に対する無感応性、メンテナンスフリーといった特徴を持ち、世界で300台の実績を有しております。
価格情報 お問い合わせください。
納期 お問い合わせください
用途/実績例 詳しくはお問い合わせください。

関連ダウンロード

電磁誘導式CPC事例/高温用電磁誘導センサー

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

岡谷精立工業株式会社

ページの先頭へ