岡谷精立工業株式会社

ボイラ燃焼用油の流量制御 調量弁[FCVシリーズ]

最終更新日: 2018/10/22

圧力変動が生じても流量を一定に制御する弁

配管路に設けたバルブの開度が一定であれば流体の流量は一定ですが、バルブの一次側(元圧)や二次側(使用端圧)が変化すると流量が変わってしまいます。

調量弁は、動力源を持たない自力式流量制御弁です。
流体の流れによって生じる可変オリフィスの前後差圧(一次側と二次側の圧力差)が、
ピストンまたはダイアフラム膜にかかり設定バネとバランスするように作られています。
ピストンまたはダイアフラム膜は、内部に組込まれた弁に連結されており、
常に可変オリフィスの前後差圧が設定圧と等しくなるように、自動的に弁開度を修正していますので流量は、一定に保たれます。

※詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

必要な流量は、可変オリフィスの開度で調節します。
さらに、同一開度における流量変更、すなわち弁容量の変更も可変オリフィスの開口面積の調整で簡単にできる自力式流量制御弁となっており、独自の画期的な制御弁です。

※詳しくは、お気軽にお問い合わせください。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 原子力発電所様

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

岡谷精立工業株式会社

ページの先頭へ