太洋基礎工業株式会社

軽量盛土工法『エヌエスピーシーW工法』

最終更新日: 2016-09-20 14:24:38.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

NETIS登録!パネル部材を自立させることで、工期短縮・工費縮減可能な軽量盛土工法!
軽量盛土工法を利用した施工方法を開発するにあたり、問題点として、気泡混合軽量盛土材(エアーモルタル、エアーミルク)が硬化するまでに、流動性による土圧や硬化時の膨張圧が強く発生することがあげられます。
一般に使用されている型枠工法では、これらに抵抗し維持させるため何らかの型枠補強等が行われますが、プレキャストパネル背面に控え(補強)としてH型鋼打設等する場合、大型の機械が必要になる事に加え軽量モルタル打設時の障害となり施工性と経済性に欠けてしまいます。
そこで、エヌエスシーパネルにロッドによる緊張を与え、パネル下端を支点とする片持ち梁方式によりパネル部材を自立させることで、直壁、斜壁、曲壁の施工が可能となりました。これらを実現させたことにより、工期の短縮、工費縮減に大きな効果を発揮し、これまでに無い強固な構造物を構築する技術が完成しました。

詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせください。

関連情報

軽量盛土工法『エヌエスピーシーW工法』
軽量盛土工法『エヌエスピーシーW工法』 製品画像

施工例
1.道路構築方式
■山間部道路構築・拡幅に対する方法
■河川部道路拡幅に対する方法
2.覆工方式
■巨大落石に対する方法
■地すべり・落石に対する方法

※詳しくはお問い合わせ、またはPDFをダウンロードしてください。

お問い合わせ

太洋基礎工業株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ