WinTool Japan (ウィンツールジャパン)

統合工具ライブラリ構築 WinTool (ウィンツール)

最終更新日: 2022/07/05
社内で散在されがちな切削工具情報およびツーリング情報を一元管理!

多品種少量生産・変種変量生産に伴い、扱う工具種類・工具数が増加する傾向にあり、工具に関連する問題が起因で、機械加工現場にボトルネックが生じていませんか?

WinTool(工具管理システム)を活用して、貴社独自の統合工具ライブラリを構築することが、ボトルネック解決に向けた第一歩です。

統合工具ライブラリを構築することによって、製造計画担当者・NCプログラミング担当者・加工現場担当者・購買担当者等、部門を跨る業務担当者がアクセスする情報が集中化されます。

そして、関係者間で情報共有化・状況共有化を行いやすくなり、ワンファクトの参照による部門間のスムーズなコミュニケーションを促進します。

また、例えば、種々の検索条件から工具リスト→アセンブリ工具データ→工具構成部品データへと情報を追跡することが可能で、欲しい工具データを素早く入手でき、情報を探す時間を大幅に改善できます。

さらに、切削条件データを記録・保管することで、貴社が管理している工具情報から好適なパフォーマンス情報を導き、以降のNCプロジェクトで情報を有効活用できます。

基本情報

機械加工業務プロセスで用いる工具・治具・測定機器等のデータをワンストップで管理するデータベース・工具管理システム
・工具構成部品データ・アセンブリ工具データ・工具リストデータを3階層で統合管理
・被削材、マシンタイプ、切削条件等のサブテーブルを保持
・優れた工具アセンブリエンジン
・ISO13399準拠データ・DIN4000準拠データを取り込み
・MachiningCloud (マシニングクラウド)との連携
・ToolsUnited (ツールズユナイテッド) との連携
・工具リストの自動生成

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 WinTool ウィンツール
用途/実績例 自社が使用する・保有する工具のデータベースを構築

詳細情報

ToolsUnited.png
ToolsUnited(ツールズユナイテッド)連携
●工具データクラウドサービス「ToolsUnited」から出力形式で「WinTool」を選択
●ISO13399・DIN4000に準拠した工具データや2D/3DモデルをWinToolに取込み可能
●工具メーカーが提供するデータに、自社独自に体系化した工具情報を付与し、自社独自の工具ライブラリを構築可能
MachiningCloud.png
MachiningCloud(マシニングクラウド)連携
●工具データクラウドサービス「MachiningCloud」から出力形式で「WinTool」を選択
●ISO13399に準拠した工具データや2D/3DモデルをWinToolに取込み可能
●工具メーカーが提供するデータに、自社独自に体系化した工具情報を付与し、自社独自の工具ライブラリを構築可能
Revision Management.jpg
工具データの改訂管理
●コンポーネント・アセンブリ工具・工具リストデータの変更を記録し、データ品質を統制
●ステータスによるデータ絞り込みでデータ検索を容易に
●ステータス管理により、リリース状態で正確な工具データのみを加工現場に展開
●特に、工具データへのセキュリティとデータ品質が非常に重要な企業様に有用

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

WinTool Japan (ウィンツールジャパン)