大陽日酸株式会社 産業ガス事業本部

溶剤回収システム『VOCリカバリーシステム』

最終更新日:2016-05-11 10:19:11.0

  • カタログ

液体窒素の冷熱(-196℃)を用いて、”低温凝集法”によりVOC(を連続回収します。

液体窒素と窒素ガスを用いて-60~-180℃の任意の温度に調整した低温窒素ガス冷媒と VOC (Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)を含む排ガスとを熱交換し、VOC を凍結させることなく、連続的に凝縮・回収可能できます。
また、冷熱を利用してガス化した液体窒素は、窒素ガスとして利用することが可能です。

■低コスト、省スペース化を実現!

【用途】
高濃度・小風量の排出源である「合成工程」「洗浄工程」等の環境対策に適しています。

溶剤回収システム『VOCリカバリーシステム』 製品画像
溶剤回収システム『VOCリカバリーシステム』 製品画像
●詳しくはお問い合わせ下さい。
価格
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
発売日 取扱い中
型番・ブランド名
用途/実績例 ●詳しくはお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

溶剤回収システム『VOCリカバリーシステム』

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

低温反応制御システム

液体窒素の冷熱(-196℃)を利用し、低温環境を実現します。
主に、原薬・中間体の低温合成プロセスで使用されます。

冷熱を利用する方法として、大きく分類すると、「間接冷却式」と「直接冷却式」の2種類がございます。

低温合成、低温反応、反応熱除去、暴走反応防止などにお使いいただいています。
プラントスケールからラボスケールまでお客様のニーズに合わせて幅広く対応します。

●詳しくはカタログをダウンロードしてご覧下さい。

お問い合わせ

大陽日酸株式会社 産業ガス事業本部へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス
PR情報エリア

ページの先頭へ