株式会社ESP

注目製品情報

  • 株式会社ESP『トースイCON充填工法』
    『トースイCON充填工法』とは、景観形成を維持しつつ、 既設構造物の保全・整備を目的とて行う施工方法です。 護岸、水路、宅地等の石積み・石垣老朽化に対して、 現地にてプラントを設置し、目地及び亀裂等から透水性・強度・耐久性 および施工性に優れたトースイCON(骨材・セメント・水・B.CON+S) を注入充填し石積みの安定を保ち、目地から排水することで パイピング現象を抑えることが可能になります。 使用材料を変更することで遮水も可能です。 【特長】 ■背面水の排出が可能 ■河川断面を侵さない ■狭小箇所の施工が安易 ■プラントヤードが狭小 ■圧送ホースの延伸により広範囲の施工が可能 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ