麻生フオームクリート株式会社

注目製品情報

  • 可塑性空洞充填工『NLG工法』 ※施工事例資料プレゼント! 製品画像
    可塑性空洞充填工『NLG工法』 ※施工事例資料プレゼント!
    麻生フオームクリートの『NLG工法』は、 非エア系グラウト材を使用したトンネル等の背面空洞や、 構造物と地山との空洞等の充填を目的とした工法です。 特に長距離圧送に長け、距離の長いトンネルの補修工事等に使用されます。 また、水中でも安定した状態(不分離)を保ち、湧水のある場所や 水中での施工も可能です。 【特長】 ■5,000mの長距離圧送が可能 ■充填性に優れる ■非漏出性、非収縮性がともに高い ■優れた水中不分離抵抗性 ■施工性がよく、安定している ※詳しくはPDF資料をご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 地盤改良工事 深層混合処理工法『拡縮コラム工法』 製品画像
    地盤改良工事 深層混合処理工法『拡縮コラム工法』
    『拡縮コラム工法』は拡縮機構と正逆同時回転機構に特長のある 深層混合処理工法です。 拡縮方式によって、空堀部を縮小径、改良部を拡大径で地盤改良することに より、固化材量の適正使用及び掘削時間の短縮が可能となり、確実で経済的な 施工が行えます。 【特長】 ■空掘部の排土量が従来工法の1/4以下 ■掘削ヘッドと撹拌翼が拡縮可能 ■ロッドの二重管構造による正逆同時回転 ■拡縮コラム集中管理システム ■コラム径がφ1,200mm~φ2,000mmの大口径 ■ベースマシンに汎用機を使用 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 『気泡コンクリート工法』 製品画像
    『気泡コンクリート工法』
    『気泡コンクリート工法』は、セメント・細骨材・水・起泡剤の材料から 構成され、スラリー状のモルタルに気泡を混入する土木材料 「気泡コンクリート(エアモルタル・エアミルク)」を用いた工法です。 当社では、通常の土では施工困難な現場での盛土が可能になる「軽量盛土工法」をはじめ、 「管路中詰工法」や、「空洞充填工法」など様々な現場ニーズに適応した トータルソリューションを提供しています。 【気泡コンクリートの主な特長】 ■軽量性:強度や密度の設計を自由に変えられる ■流動性:ポンプによる長距離圧送が可能 ■施工性:急傾斜地などでの施工も容易 ■自立性:直立の盛土が可能 ■経済性:運搬コスト削減 ■耐久性:透水性が小さく優れた長期耐久性 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
麻生フオームクリート株式会社 ロゴ

麻生フオームクリート株式会社について

人に安らぎを、自然に優しさを。エアモルタルのパイオニア 麻生フオームクリート
昭和30年代半ば、東京オリンピック開催を控えた建設工事活況時代での
高層ビルの軽量化や省力化の需要増大の中、麻生産業株式会社(現 株式会社麻生)は、
軽量性、断熱性等に優れた気泡コンクリート(エアモルタル)を断熱材として使用することに着目し、
建築用気泡コンクリートの製造と現場施工を目的として当社を設立しました。

米国からの導入技術を研究開発した独自の技術と製品(気泡コンクリート)の持つ優れた特性は
時代ニーズにマッチし、高層ビルの軽量化、省力化のための屋上の防水押さえ、各階床板の嵩上げ、
機械室の配管埋込みなどに使用されました。
その後、気泡コンクリートの軽量性等の特性が様々な分野から注目され、東海道新幹線工事をはじめ
数々の土木工事分野に採用されるようになりました。

その施工実績は今日まで1,000万m3を超え、当社はエアモルタルのパイオニアとして
また様々なニーズに対応する技術開発型の企業として、時代と社会に満足を提供し続けております。

ページの先頭へ