大栄無線電機株式会社

NMR フィールドカメラ MFC2046(Metrolab社)

最終更新日: 2023/03/07

  • カタログ

1990年代にMRI磁石の磁場マッピングに革命をもたらした MFC3045磁気フィールドカメラに改良を加えた後継機種です。

MRI等では数ppm以内の非常に均一な磁場が必要です。NMRはその精度で磁場フィールドマップを提供できる唯一の磁気測定技術です。

従来のMFC3045は、磁場のマッピングの所要時間を数時間から数分に短縮し、位置決め誤差は1mm以下、ヒューマンエラーやドリフト誤差を無視できるレベルに抑えた画期的な製品でした。

このMFC2046は、従来のMFC3045の良さを引き継ぎつつ、以下の改良を図った新製品です。

・マッピングできる磁場強度の上限を、7Tから30Tに拡大
・マッピングできるボア径の最小値を、220mmから40mmに縮小
・プローブ・アレイに搭載できるNMRプローブ数を、32から255に拡大

関連動画

◆比類なき精度と速度
 ・高度なNMR技術で、10ppbの分解能を提供
 ・機械的位置決め精度が高く、全体的な位置決め誤差は1mm以下
 ・数十点のプローブ・アレイでも、マッピングは5分以内に完了

◆超強磁場への対応
 ・MFC2046は、0.2T~30T(1.1GHz)の磁場をマッピング
  (MFC3045は 7Tまで)

◆小ボア径MRIに対応したプローブ・アレイ
 ・最小40mmのボア径の磁石がマッピングで可能
  (MFC3045は最小220mm)
 ・MFC9046は、150mm~600mmのDSV(静磁場均一性)を持つ全身用MRIに対応
 ・MFC9146は、四肢MRIや小動物用MRIに対応

◆PCとの接続が容易
 ・USBまたはEthernet
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 スイス Metrolab社製 MFC2026 NMR(核磁気共鳴)フィールドカメラ
用途/実績例 ◆MFC9046 プローブ・アレイ
 ・150mm~600mmのDSV(静磁場均一性)を持つ全身用MRI

◆MFC9146 円筒型プローブアレイ
 ・四肢用MRI
 ・小動物用MRI
ラインアップ
型番 概要
PT2026 メイン・ユニット
MFC9046 プローブ・アレイ
MFC9146 円筒型プローブ・アレイ
FCA7046 フィールドカメラ・アンプ
RB8045 リモート・コントローラ

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

大栄無線電機株式会社

ページの先頭へ