EIFS JAPAN株式会社

注目製品情報

  • 中空ボイドスラブ工法 「EJ ボイドスラブ」の施工イメージ画像です
    鉄筋コンクリート中空ボイドスラブ工法 「EJ ボイドスラブ」
    中空ボイドスラブ工法 「EJ ボイドスラブ」は、床版内に軽量体を配置することにより同じ重量(単位面積当り)の普通スラブと比べ高い剛性を持ち構造躯体の軽量化が期待できる「中空スラブ工法」の一つで、今までの球形から楕円形にした軽量体を用いることで構造性、遮音性、施工性、経済性により、優れた性能が得られます。 また設備配管等はスラブ内に隠れ、すっきりした天井空間とバリアフリーの床を実現でき、今までにない空間デザイン設計が可能! 【特徴】 ■小梁の無い自由空間設計 ■バリアフリーに対応 ■遮音性が高い ■楕円形状の採用により施工性がさらに向上 ■2方向性のため構造的に有利 ■施工が簡単、コストが安い ■耐火認定取得品:「FP120FL-0052」
  • 基礎工法 EJボイドベース工法の製品画像です
    基礎工法 EJ ボイドベース工法
    EJ ボイドベースは、軟弱地盤、港湾埋立地、文化財遺跡、産業廃棄物処分場など地盤の弱い場所での基礎を発泡スチロール (EPS) を使用して安定させる画期的な基礎工法です。 基礎梁を兼用した頑強な二重スラブで構造的な安全性だけではなく施工が容易で後期が短いという経済性を備え、特に深い杭を必用とする地域において、EJ ボイドベースの特徴を発揮する工法です。
  • EIFS-Gシステム
    EIFSのいえ 「EIFS-Gシステム」湿式外断熱工法
    EIFS-Gシステムは、日本で初めてEPS(発泡スチロール)を使用した外断熱構造で防火・準耐火・耐火構造の大臣認定を取得した湿式外断熱工法です。コンクリート構造から木造まで高機密・高断熱の省エネ建築を造りだすことができま、また漏水が心配になる木造では、特殊な防水材であるガーディアンを塗布することにより、漏水があっても木造の腐食・劣化を防ぎ、ガーディアンの高気密性で更なる高断熱を提供できます。 そして、この度、この特殊防水材であるガーディアンを含んだ完全防水の外断熱工法が平成24年9月28日と10月1日におよんだ防火試験に合格しました。 これにより、木造で漏水が心配だったお客様や施工者に安心して、この完全防水外断熱工法・EIFS-Gシステムをお選びいただけることになりました。この新システムの防水と断熱性能を是非、ご体験ください。

ページの先頭へ