株式会社フォークス

【採用事例】マツダ株式会社 様

最終更新日: 2021/06/03
ロボットとワークの衝突や把持失敗が発生しないクランクシャフトの移載を実現しました!

マツダ株式会社様において、井桁積みされたクランクシャフトを移載するロボットに3Dビジョンカメラ(YCAM3D)と3Dビジョンソフトウェア(VT:ビジュアルティーチ)を搭載しました。

VT:ビジュアルティーチの機能により、ロボットの把持位置/姿勢を高精度に求めることで、ロボットとワークの衝突や把持失敗が発生しないクランクシャフトの移載を実現しました。

※詳しくは動画をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画

基本情報

【特長】
■高額な位置決め装置を購入する必要が無くなる
■ワークのズレによる製造ラインの停止を抑制することで、生産性が向上
■ワークを把持する際に、ワークの向きを気にする必要が無くなる
■本システム設置後、新たなワークの追加や別なラインへの転用の際にも、
ロボット言語の修正と新ワークの3Dデータをマスターとして登録するだけ
■一般的なビジョンシステムとは異なり、ロボットアームの制御は昔ながらのロボット言語による教示再生方式で行って頂ければ、後は本システムで教示された場所からワークのズレ分を補正

※詳しくは動画をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは動画をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社フォークス