株式会社モルシス

最新ニュース

注目製品情報

  • 【書籍発刊】「MOE」を用いた創薬研究の効率化 ※抜刷進呈中 製品画像
    【書籍発刊】「MOE」を用いた創薬研究の効率化 ※抜刷進呈中
    株式会社技術情報協会から2018年1月31日に「in silico創薬におけるスクリーニングの高速化・高精度化技術」が発刊されました。 本書には、コンピュータの処理能力の速さを活かしつつ、計算コスト増大の課題をいかに克服するか?という課題についてin silico創薬を成功に導く計算科学やスパコン、データベース構築の重要技術が満載されています。詳細な執筆者や目次については出版社のウェブサイトをご参照下さい。 第4章「in silico創薬におけるソフトウェア活用の具体例」の第2節で「MOE」を用いた創薬研究の効率化について紹介されています。本節はMOEの特長とMOEを利用した創薬研究の効率化の事例について詳しく説明しています。特にMOEが持つ多彩な機能の中から特にバーチャル・スクリーニングに焦点を絞り、解析事例も交えながら、MOEの機能を紹介しています。 本節の詳しい内容にご興味がある方に抜刷を進呈致します。お問い合わせボタンから「抜刷送付希望」とご記載いただきお問い合わせ下さい! 「PDFダウンロード」からはMOEのカタログをダウンロードできます。
  • 材料設計支援統合システム『MedeA』 製品画像
    材料設計支援統合システム『MedeA』
    『MedeA』は、材料設計のための統合的な計算環境です。 第一原理バンド計算を基に、材料(金属・セラミックス・半導体など)に対する、各種物性(構造、光学物性、磁性、熱力学物性、弾性、振動、電子伝導性)を評価することができます。
  • 研究情報共有システム『CBIS』 創薬研究や材料開発に最適 製品画像
    研究情報共有システム『CBIS』 創薬研究や材料開発に最適
    『CBIS』は、化合物・細胞株・プラスミド・プレートなどの実験材料、プレートアッセイ結果や機器分析結果などの実験データ、報告書や参考文献などの関連文書といった研究に関わるあらゆるデータを統合的に管理する研究情報共有システムです。 『CBIS』はデータの種類ごとにモジュール化されています。化合物やアッセイ結果などの主要な研究データの管理システムは、基本的な機能を盛り込んだモジュールのテンプレートを利用して迅速に構築することができます。 【CBISの代表的なモジュール】 ■化合物(カタログ/在庫) ■アッセイデータ ■HTS(プレート/一次スクリーニング/二次スクリーニング) ■合成化学向け電子ノート ■バイオ研究向け電子ノート ■試薬 ■プラスミド ■細胞株 ■文書 ■プロジェクト ■材料管理(原材料/レシピ/実験結果/規格) 新規のモジュールを開発する際には、多数のパーツを組み合わせるイージーオーダー型の手法を取ることで、ご要望に沿ったシステムの導入を短期間で実現します。 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社モルシス ロゴ

株式会社モルシスについて

独自の技術と長年の実績に基づき最適な科学計算ソフトウェア、研究データ管理システムを提供します!
株式会社モルシスは、株式会社菱化システム(現 三菱ケミカルシステム)と長年の提携先であるケミカルコンピューティンググループ社を中心とする提携先各社の合意のもとで、菱化システムがおよそ30年にわたって継続してきた研究開発分野向けのソフトウェアビジネスを承継すべく、2016年12月に設立されました。
社名であるモルシス(MOLSIS)は、弊社の事業分野であるMolecular Simulation and Informatics Systemsに由来します。 弊社スタッフは、菱化システムにおける長年の経験を背景に、優れた技術をもつ国内外の多数のベンダーと密接な提携関係を保ち続けておりますので、お客様のニーズに合わせてさまざまな分野で研究開発活動を支援するコンピュータソフトウェアの導入支援、技術サポートをご提供いたします。
弊社は、生命科学と材料科学の分野で、主に基礎研究を支援する多数の製品を取り揃えており、それぞれの製品に精通したスタッフが皆様のご要望にあわせてご提案、ご説明させていただきますので、ソフトウェアによる研究開発の効率化をお考えの方は、ぜひ弊社までご一報ください。

ページの先頭へ