ビーエルテック株式会社

連続流れ分析装置(STAA-3)を用いた低濃度シリカの分離分析

最終更新日: 2021/07/20

  • カタログ

半導体素材、電池陽極、タンタル、ニオブ、鉄鋼等に含まれるシリカを高感度かつ簡単に分析する方法を考案!資料進呈

電池や半導体素材などにおいて、不純物としてのシリカは、
製品の性能低下の原因となることがあり、分離および分析が必要です。

鋼中などに一定量以上含まれるシリカは、JISに規定される重量法により
分析できますが、方法が煩雑で精度面でも課題がありました。

そこで当社では、サンプルに含まれるシリカを気体として分離し、
吸収液に捕集してモリブデンブルーで測定する方法を連続流れ分析法にて考案。

本資料では、「半導体素材、タンタル、ニオブ、鉄鋼等における、
連続流れ分析装置(STAA-3)を用いた低濃度シリカの分離分析の検討」と題して
その検討結果をわかりやすくご紹介しています。

※詳しくはダウンロードボタンよりご覧ください。
 お問い合わせもお気軽にどうぞ。

関連動画

【掲載内容】
■目的
■概要
■キーワード
■使用装置
■測定原理
■結果

※詳しくはダウンロードボタンよりご覧ください。
 お問い合わせもお気軽にどうぞ。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

関連ダウンロード

連続流れ分析装置(STAA-3)を用いた低濃度シリカの分離分析

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

ビーエルテック株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ