株式会社モルシス

【書籍発刊】「MOE」を用いた創薬研究の効率化 ※抜刷進呈中

最終更新日: 2018/05/21

  • カタログ

in silico創薬におけるソフトウェア活用の具体例としてCCG社の統合計算化学システム「MOE」の特長と事例を紹介

株式会社技術情報協会から2018年1月31日に「in silico創薬におけるスクリーニングの高速化・高精度化技術」が発刊されました。

本書には、コンピュータの処理能力の速さを活かしつつ、計算コスト増大の課題をいかに克服するか?という課題についてin silico創薬を成功に導く計算科学やスパコン、データベース構築の重要技術が満載されています。詳細な執筆者や目次については出版社のウェブサイトをご参照下さい。

第4章「in silico創薬におけるソフトウェア活用の具体例」の第2節で「MOE」を用いた創薬研究の効率化について紹介されています。本節はMOEの特長とMOEを利用した創薬研究の効率化の事例について詳しく説明しています。特にMOEが持つ多彩な機能の中から特にバーチャル・スクリーニングに焦点を絞り、解析事例も交えながら、MOEの機能を紹介しています。

本節の詳しい内容にご興味がある方に抜刷を進呈致します。お問い合わせボタンから「抜刷送付希望」とご記載いただきお問い合わせ下さい!
「PDFダウンロード」からはMOEのカタログをダウンロードできます。

第4章第2節(「MOE」を用いた創薬研究の効率化)の概要は以下の通りです。

創薬研究における膨大な情報を整理して作業仮説を検証するためのプラットフォームという観点から、MOEの特長と、MOEを利用した創薬研究の効率化の事例について解説しています。MOEのアプリケーション実行環境と開発環境を統合化したプットフォームとしての役割と展開について詳細な解説を行い、MOEに搭載のSBDD (Structure Based Drug Design) 機能を中心に、データ収集・管理、複合体の相互作用解析、新規リガンド設計における効率化の事例を紹介しています。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 抜刷をぜひご覧下さい。

関連ダウンロード

【書籍発刊】「MOE」を用いた創薬研究の効率化 ※抜刷進呈中

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

株式会社モルシスへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ