株式会社信州TLO

ウェアラブル深部体温計(双熱流法)の開発 [諏訪東京理科大学]

最終更新日: 2024/03/12
「深部体温」を医療機器レベルの精度で測定可能な小型モジュールの技術です

双熱流法による「高精度な深部体温測定」
・温度センサ側面の空気層、2つの独立した熱流路
・医療機器レベルの精度を実現(平均誤差:±0.2~0.3℃)

実装技術のみで構成可能「小型モジュール」
・SMD温度センサIC、プリント回路基板
・ウェアラブルデバイスに搭載可能なサイズ

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

本技術は公立諏訪東京理科大学の研究成果です。
企業との実用化に向けた共同研究開発を希望しています。

大学技術との連携による製品開発のご要望がございましたら、お気軽にお問合せください。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 (予想される応用先)
 ・熱中症の早期発見
 ・独居老人の熱中症予防
 ・乳幼児の体調管理

(大学での開発状況)
 ・測定精度の更なる向上に向けた研究を継続中

(知的財産権)
 特願2023-222637「深部温度計測用プローブ及び深部温度計」

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社信州TLO

製品・サービス一覧(72件)を見る