株式会社ワイ・ドライブ

Cortex-M4/Runesas SHイジ―組込みCPU構想

最終更新日: 2017/12/14

  • カタログ

Cortex-Mシリーズ/Runesas SHシリーズ組み込みマイクロコントローラ 組込機器の高速・高機能化をサポート

CortexーMシリーズ ‐ 低消費電力の組み込みマイクロコントローラ用に設計された。 Mシリーズは、Cortex-M0、Cortex-M3、Cortex-M4と用途に応じて選択可能。
家電製品のモーターベクトル制御等に多くの事例があります。
3相モーター用ベクトル制御演算CPUとして多くの事例あります。

Cortex-Mシリーズの特徴。
(ARM系マイコンとして、多くの半導体会社が採用しています)
RSIC 32ビットプロセッサ   ハーバードバスアーキテクチャ
CMSIS(Cortexマイクロコントローラ ソフトウェアインタフェース規格)
DSP/FPU(ハードウエア演算ユニット)付バージョン有ます。
Thumb2命令(16/32ビット命令長混在)
NVIC(ネスト対応ベクタ割り込みコントローラ)
消費電力モード(スリープ/ディープスリープモード)
シリーズ開発ツールの共通化
LAN、WiFi、Bluetooth、ビデオ出力 等は別途基板が必要です。

Runesas(ルネサス)SHシリーズ イジ―組込みCPU構想
高速/高機能SHシリーズCPU SH-2、SH-3、SH-4等 各種対応可能

高精細画像表示とGigabit Ethernetに対応しているほか、USB I/F、CAN I/F、シリアル I/F、LCD I/F、SPI I/F、microSDスロット等のインタフェースを備えています。さらに、LCDキットや無線LANモジュールに対応しています。 また、外部拡張に必要な信号は外部接続コネクタへ引き出してありますので、各種試作や小ロット製品への適用など幅広い対応が可能です。
各種組込制御アプリケーション事例あります。

動作周波数 最大533MHz 大容量メモリ搭載FlashROMー16MB、DDR2―SDRAMー64MB  Gigabit Ethernet 1ポート/USB Host/Micro SDカードコネクタ搭載/SPI I/F装備。無線LANモジュールを接続することで、無線LAN機能を追加できます。 各種インタフェースコンバータを接続すれば、簡単にPCとの通信が可能
価格情報 数量によって価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください
価格帯 10万円 ~ 50万円
納期 ~ 1ヶ月
※ 数量によって納期が変動しますので、お気軽にお問い合わせください
型番・ブランド名 Cortex-M/Runesas-SHシリーズ 
用途/実績例 各種組込システムの制御

関連ダウンロード

Cortex-M4/Runesas SHイジ―組込みCPU構想

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社ワイ・ドライブ

ページの先頭へ