ビーエルテック株式会社

【技術資料】DEENA2を用いた米や稲穂における金属分析前処理

最終更新日: 2021/08/16

  • カタログ

米(玄米及び精米)や稲穂中のカドミウム等の金属分析における、硝酸や過塩素酸等の添加、加熱分解放冷、メスアップまで全自動に!

米に含有するカドミウムについては、これまでは1ppm (mg/kg)を規格基準としていたが、平成22 年4 月に食品、添加物の規格基準の一部を改正する件が交付され、米(玄米及び精米)に含有されるカドミウム及びその化合物にあっては、0.4ppm (mg/kg) 以下と規格が改正された。
従来法として湿式分解であれば、硝酸や硫酸、過塩素酸を使用する方法が用いられるが、分析に手間と時間がかかり、多検体を迅速に処理することは困難であった。
そこで、酸添加、撹拌、メスアップ等作業をPC 制御にて全自動で行うことができるDEENA2 を用いて、米(玄米及び精米)や稲穂における、硝酸還流法を用いた自動前処理を検討した。

■酸添加加熱前処理
■試薬添加
■放冷
■メスアップ
■人への酸への暴露の防止

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画

【概要】
■硝酸を自動で添加して撹拌加熱、メスアップに至るまで、全自動で分析を行う手法を確立した。
■マイクロウェーブや高温灰化の前処理では、1 ロットで少数の分析しかで
きなかったが、DEENA2 を使用することにより全自動で60 検体のサンプル
を同時に処理することが可能となった。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【技術資料】DEENA2を用いた米や稲穂における金属分析前処理

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

ビーエルテック株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ