大野精工株式会社

【現場改善】ワイヤーカット治具『PADシリーズ』 <特許出願中>

最終更新日: 2022/07/28
ネジ回しの簡単作業でワイヤーカット・ワイヤ放電加工機の段取り効率を大幅アップ!平行だし用のレベリングベース

ワイヤーカットの加工には、ワークの平行だしを行うために、
シムを噛ませての調整が必要になります。

ワークの平行は最終的な製品仕上がりに大きな影響を与えるため、
加工者はこの段取りに多くの時間を費やします。時間もかかり煩わしい作業です。

しかし、段取り時は機械が動いておりませんので、
経営者の目線からするとなるべく時間は割きたくないところ…

これを解決するのが、当社が設計開発したレベリングベース「PADシリーズ」!
今まで時間の掛かっていたワイヤーカットの前段取りに必要なレベル出しを、
当製品一つで簡単に解決することが出来るのです!

支持点に精密ボールを採用したことにより、各調整軸の独立性が高く、
他軸の調整結果に影響を与えないため容易に調整可能。
また、構造単純化・ばね部異物侵入防止構造により高い耐久性を有しています。

【特長】
■レベル出し作業を簡単解決
■段取り効率の大幅アップ
■高い耐久性

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。


関連動画

基本情報

【製品情報詳細】
●製品名:ワイヤーカット用レベリングベース
     「PAD200」・「PAD300」
●発売日:2021年12月23日(木)
●外寸寸法:110×105×28
●付属品:ボルト、座金 各2個

【使用方法】
当製品(レベリングベース)にサブプレート、もしくはバイス等を装着し、ワークを固定

六角レンチをご用意いただき、ワークの傾きに合わせてレベリングベースの六角ボルトを回し、傾きを調整

終了!

今まで20分も30分もシムを噛ませてはダイヤルで確認し…
またシムを噛ませてダイヤルで確認…
煩わしい長時間の調整作業がネジを回すだけ、5分で解決できます!

【ラインアップ】
□PAD200:2軸調整機能付きレベリングベース
 →水平2方向を1mm/100mmの調整が可能
□PAD300:3軸調整機能付きレベリングベース
 →水平2方向に加え、平行にも1.3mm/100mmの調整が可能

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 RADシリーズ
用途/実績例 【用途】
■ワイヤーカット(ワイヤ放電加工機)の段取り時
■モリブデンワイヤ放電加工機の段取り時

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

大野精工株式会社

製品・サービス一覧(36件)を見る