大野精工株式会社

HBシリーズ「加工回数ごとの表面粗さ比較表」

最終更新日: 2021/12/20
複数回加工で最高表面粗さはRa0.6まで可能となります!

【1.表面粗さ比較】

弊社が販売するワイヤーカット機 HBシリーズにおけるカット回数ごとの面粗さ比較表になります。

・ファーストカットではRz22程度
・マルチカット(複数回加工)でRz4.8程度になります。


【2.HBシリーズにおけるマルチカット】

真鍮のワイヤーカットよりは若干劣りますが、マルチカット(複数回加工)で±0.01の精度保証になります。


本機HBシリーズは「速く、安く」がテーマですので
±0.01で十分なワイヤ加工でしたら、本機をお勧めします。

関連動画

基本情報

HBシリーズ「モリブデンワイヤ放電加工機」
日本総代理店:大野精工株式会社

・日本製サーボシステム搭載

・最高表面粗さRa0.6

【ニーズ】

・安価にワイヤーカット加工を行いたい方
・ワイヤーカット加工のリードタイムを速くしたい方

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 HBシリーズ
用途/実績例 ・難削材の粗加工
・中精度のワイヤーカット加工
・造形ワークの切り離し

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

大野精工株式会社

製品・サービス一覧(36件)を見る