太洋基礎工業株式会社

気泡掘削工法

最終更新日: 2020/01/21
特許取得・NETIS登録!発生泥土量の削減が可能な地中連続壁工法

『気泡掘削工法』は、気泡液を使用して原位置土との混合撹拌を行い、形成された気泡安定液により掘削溝を安定させる連続地中壁築造工法です。

本工法では、壁造成時に気泡を消泡させることにより従来のベントナイト系安定液に比べ排土量を大幅に削減でき、高強度及び遮水性の高い高品質な連続壁の築造を可能としました。

【特長】
■発生泥土量の削減(掘削体積の40~60%程度)が可能
■遮水性が向上
■微細な気泡が孔壁の止水性を高める
■掘削液の粘性低下により、機械負担が軽減される
■残土の再利用が容易

詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

【特許など】
■特許第3725750号
■NETIS登録番号 KT-100032-A

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格 お問い合わせください
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
※ お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連カタログ

お問い合わせ

太洋基礎工業株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス