太洋基礎工業株式会社

施工事例「ミニウォール工法」

最終更新日: 2020/01/30
ミニウォール工法の基本情報と多種の施工事例を掲載!狭小地にも対応でき小型機で最大深度20m施工可能!

「ミニウォール工法」は、カッターポストに装着したチェーンソー型カッターにより、原地盤とポスト下端から吐出されるセメントスラリーを鉛直方向に混合攪拌することで、止水性が高く鉛直方向に均質な強度のソイルセメント地中連続壁を造成する工法です。
等厚壁ができることから任意の間隔で芯材を建て込むことが可能となり、土留設計の自由度が高く経済的な土留止水連続壁を造成することができます。

【ミニウォール工法の特長】
■等厚壁のため、応力用芯材の設置間隔が任意に設定可能
■カッタービットの組替えにより壁厚の調整が可能
■構造物への近接施工や敷地境界線での施工が可能
■懸垂式リーダーの採用により、段差施工(5~6m)が可能

※「ミニウォール工法」のカタログと施工事例は、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。

関連動画

基本情報

※「ミニウォール工法」のカタログと施工事例は、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。

用途:
■土留止水壁
■土留止水壁(段差施工)
■コンクリート矢板(傾斜地施工)
■コンクリート矢板(段差施工・鉄道近接工事)
■コンクリート矢板(マンション近接工事)
■コンクリート矢板(波形コンクリート矢板建込)
■地盤改良

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【用途】
■既設建物・構造物に近接した土留止水壁の造成および地盤改良工事
■土木工事・建築工事における地下掘削時の土留止水壁の造成
■コンクリート矢板建て込みによる本設土留壁工法
■格子状の地盤改良による液状化対策 など

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

太洋基礎工業株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス