株式会社エーディーディー

画像処理入門書(基礎編1)

最終更新日: 2024/03/05

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2023/03/27

関連情報

画像処理外観検査システム入門書(自動化を検討されている方へ)
画像処理外観検査システム入門書(自動化を検討されている方へ) 製品画像
【基本性能】
■キズ・汚れ検査
製品・部品の外観画像からキズや汚れを判別し、該当箇所に色を付け、強調表示。
■欠陥・欠損検査
良品画像をもとに基板の部品欠損の検査。欠損箇所を表示。
■バリ検査
樹脂製品や金属製品などの生産品の外枠に付着している、バリの除去処理が正確に行われたかを確認。
■寸法測定
カメラで撮像した対象物の始点と終点の距離から寸法を計測。外形寸法、内径寸法の両方の測定に対応、1台のカメラで収まらないサイズの寸法測定も可能。
■文字・バーコード・QRコード読取り
文字の「ドット抜け」や「かすれ」、「印刷不良」などの検査や、バーコード、QRコードを読み取り、コードの印字状態や異品種混入検査も可能。
■カラー検査
色の濃淡や、特定色の数量検査など。カラーパターンの配置状況など色や柄を基準とした検査も可能。
【導入事例集】(画像処理外観検査システムiVision)
【導入事例集】(画像処理外観検査システムiVision) 製品画像
当社が開発した「iVision」は高性能な画像処理エンジンを組み込む事により、高い検出精度を実現しております。また、ソフトウェアを中心とした製品であり、お客様の希望に沿った対応が可能となります。
まず、お客様が「何を」「どの様な状態」で検査を行いたいかを確認し、それに応じたカメラや照明等を検討し、その上で必要な装置をご提案させて頂きます。
対象となる品目は鋳造、鍛造、ダイカストやプレス、切削加工を施した各種金属加工、射出成型や押出成型、ブロー成型など樹脂製品、繊維や食品容器、基板等の電子機器など多くの品目に対し実績があり、お客様が目視で検査を行っておられる物であれば一度ご確認頂ければと思います。また、外観検査に合わせて寸法計測なども同時に行えるのが、iVisionの特長の一つとなります。
いままで、外観検査の導入をご検討され、お断りされたお客様も一度iVisionを試してみませんか、当社ではお客様の検査対象に対して、検証を行い、その結果をご報告させて頂きます。
画像処理 外観検査装置(システム) 導入へのヒント
画像処理 外観検査装置(システム) 導入へのヒント 製品画像
【その他の掲載内容】
■応用編1(検証データ利用)
・検査結果の利用法
・外観検査を自動化にした時の利点
・もう一つの検査結果の利用法
■応用編2(検査装置ができること)
・外観検査以外の利用法
・外観検査以外の具体例
・これらの作業を自動化することのメリット

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社エーディーディー

カタログ 一覧(106件)を見る