株式会社村上色彩技術研究所

自動変角全光線透過率計『TG-150LN』

最終更新日: 2022/02/09
試料に対し-60°~60°まで任意角度斜め入射した際の全光線透過率測定が可能です!

【特徴】
-本装置は、全光線透過率測定規格(ISO 13468-1、JIS K 7361)に合致した透過率計で、積分球への平行度のすぐれた光束を導くことにより、透過物体の全光線透過率を測定きる装置です。

-さらに、光源部が試料に対し-60°~60°変角可能とし、任意角度斜め入射における全光線透過率が測定できます。

-ダブルビーム方式の採用により、積分球効率を考慮するための補償開口への試料移動は必要なく、操作性の良い高精度の測定が行えます。

-光源部の自動変角はインテリジェントドライバーの採用により再現性のすぐれた変角測定が可能です。

-光学系を縦型としてあるので、大型サンプルでも試料台におくだけで測定可能です。

-演算及び制御部には、市販のパーソナルコンピューターを使用し、各種計算、平均計算等の行えるプログラムソフトを用紙しており、全自動型で常に安定した測定結果が得られます。

基本情報

1.検出部
測定対象:透過物体
試料形状:A4版サイズ 板状の物 t=10mm(MAX)
試 料 台:530×430mm 
※センター350×350mmにアルミ板(厚さ4mm)、 外周に着脱式補助試料台を使用。
光源:ダイクロミラー付ハロゲンランプ 12V50W(公称寿命2000時間)
総合分光感度:光源,受光素子、色ガラスフィルタとの組合せによりV(λ)とD65光に近似。
積分球径:約150mm
光束径:約9mm
試料開口:約30×15mm(長穴)
入射変角範囲:±60° 0.1°ステップデータ読み取り時 測定時間:約120秒
角度精度:0.05°以内
電 源:AC100V 50/60Hz
消費電力:約200W
寸法・重量:約530(w)×580(d)×570(h) mm 約30Kg

2.演算表示部
演算及び制御部には、市販のパーソナルコンピュータを使用し、各種計算、平均計算等の行えるプログラムソフトを用意。
表示内容:±60°の 0.1°ステップデータおよびグラフ
※測定ステップのカスタマイズ可能

※詳しくは弊社営業部までお気軽にお問い合わせ下さい。

価格情報 ※詳しくは弊社営業部までお気軽にお問い合わせ下さい。
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 TG-150LN
用途/実績例 ※詳しくは弊社営業部までお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社村上色彩技術研究所