ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】無人夜間シフトを実行し、生産効率が向上

最終更新日: 2019/04/02

  • カタログ

軽量ロボットアームにより無人夜間シフトを実行。生産効率を著しく向上させました

ドイツの製造会社である THIELE 社は、小型シリーズの生産の拡張を
望んでいましたが、通常の自動化ソリューションは高すぎて複雑すぎることに
気づきました。

そこでユニバーサルロボットの軽量ロボットアームを導入。

当製品により、同社は無人夜間シフトを実行し、生産効率を著しく
向上させることができました。

【決め手】
■プログラミングが容易
■柔軟性のある導入
■セットアップが早い

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【協働ロボットが解決した作業】
■CNC
■マシンテンディング

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【投資回収期間】
■8~10か月

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】無人夜間シフトを実行し、生産効率が向上

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ